僕が社長になるまで。

起業を志す若者2人の物語。「働くを研究する」ビジネスコンテンツブログとして経営、仕事術、ビジネスマインド、新卒就活、転職、キャリア形成、副業、株式投資、仮想通貨、FIRE、サイドハッスル、ビジネス書の紹介など、仕事や会社にまつわる記事を幅広く発信するブログ。

僕たちと僕たちが目指す会社のこと。

皆さん、こんばんは。

 

最初の記事で少しだけご挨拶させていただきましたが、

今回の記事では僕たち2人のざっくりした

プロフィールと僕たちが目指す会社の理想像について書きたいと思います。

 

朱華(syuka)

このブログの著者。起業を志す26歳の若者。求人メディア系の広告代理店→人材会社在籍中。

趣味はバスケ・読書。

影響された本は『渋谷ではたらく社長の告白』『社長失格』好きな言葉は「誠心誠意」

 

真太 (shinta)

朱華と共に起業を志す26歳の若者。情報系高校出身。エンジニア志望。

趣味は自転車(ロードバイク)・珈琲・読書。

 

今から7年前。

 

2013年4月に僕たち2人は大学で出会います。

 

その大学生2人はすぐに意気投合。

 

学部は違いましたが、バスケ部に入部して一緒に試合に出たり、

授業に出席したり、夜の街へ出かけたり、

下宿先でオールで語り合う日々を過ごしました。

 

大学卒業後は3年後に大阪で起業を決意するまで

2人は離れた場所でそれぞれお互いの道を歩む選択をしました。

 

そんな僕たち2人で起業を決意したのは、

実はごく最近。

 

営業として働く毎日の中でいつか起業をして

「社会の役に立ちたい」「人を助けたい」と思っていた僕が

共同経営者として声をかけたのが真太でした。

 

(正直に言うとパートナーは彼以外にはいないと思っていました。その理由はそのうち書きます。)

 

エンジニア志望の真太と2人で帝国ホテル大阪を背後に

桜ノ宮の大川沿いで時には深夜2時頃まで、

コーヒー片手に毎晩遅くまで熱く語り合いました。

 

その中でも僕たちが目指す会社のビジョンや

方向性について語り合うとき、

僕たちは「誠意」という言葉を頻繁に使っていました。

 

最初の記事でもあったと思いますが、

僕たちは真っ当で誠実な会社を作ることが目標です。

 

その為に社員に対して、お客様に対して、

株主に対して、そして社会に対して全てのステークホルダーから

信頼してもらえるように

「誠意」の気持ちをひと時も忘れてはならないと考えています。

 

その考えのもとで僕たちが目指す会社の理想像。

 

それは誠意の気持ちを決して忘れずに、

シンプルに人を大切にできる会社です。

 

ちゃんと働いた分の給料が正当に出て、

週末・GW、夏休み、年末年始など趣味や家族との時間もたっぷり取れる。

頑張った分のボーナスも出る。

 

仕事だけが人生ではないし、

1人ひとりのライフスタイルに合わせて働ける会社というのも

僕たちが目指す会社の理想像の1つです。

 

だからと言って日曜の夜に憂鬱な気分で

「明日仕事に行きたくない・・・」と思われてしまう、

出社するのが嫌になる会社にはしたくありません。

 

社員たちには働いている時も、いつか会社を卒業する日が来ても

「この会社で働いて良かった」「この人たちと仕事ができて良かった」

と言ってもらえるような会社を目指したいです。

 

せめて明日から仕事面倒だけど出社したら、

「案外いつも楽しいしまーいっか!」

ぐらいに思って欲しい(笑)

 

まだまだ、思い描く理想はあったりしますが

これからもこのブログは続いていくので、

「こんな会社を目指したい!」

と思ったときは忘れないように書いていきます。

 

長くなりましたが、

引き続きどうぞこのブログと僕たちをよろしくお願い申し上げます。

 

それでは次の記事でまた会えることを楽しみにしています。

f:id:syuka19:20210328164542j:plain