僕が社長になるまで。

5年後に起業を志す26歳の若者が会社を立ち上げ、社長になるまでの記録です。

ファジーな言葉はNG!「定量で伝える」が大事な理由

賛否両論あると思いますが、開幕しましたね!

 

東京オリンピック!!🗼🇯🇵

東京事変は「新宿は豪雨〜♪」ですが、実際の東京都はそりゃもうね、快晴続きなので会場まで行っている人も多数いるでしょう。

 

正直、全く実感が湧かないというか。。

開催までにスキャンダルが多すぎるし、コロナ禍の市況の中だったこともあり、あらゆる部分で準備不足が目立ちますよね。。

 

実際に「開催しましたー!」とか言われても、そもそも僕たち、事業企画で一日16時間ぐらい費やしているし、仕事が楽しいので五輪を見る時間を作る気が・・・沸かねえんです( ・∇・)スミマセン

 

日本人としてどうかと思うけど、東京オリンピック見る時間あったら、ブログ書きたい。。本読みたい。。


ちなみにブログは1週間のスケジュールの中に「ブログを書く時間」を入れて、出来る限り更新するように意識しています。

本日12時〜がそのブログを書く時間という訳です。

 

読者の皆さんの記事も最初から最後まで全て読んでいます。さすがに読まずにスターを付けるって誠意が足りないと思いますし、多くの人たちの感性や知恵だったりを無償で教えていただける図書館みたいな感じなのにブログ読まずにスターだけ付けて帰るのってだいぶ機会損失ですから必ず全部、読んでスターを付けています。

 

また、特に素敵な記事だったと感じたり、勉強になる記事、秀逸だなと感じる記事にはあとで読み返せるようにブックマークしています。

 

本当に読者さんも他のブロガーさんも書くの上手すぎるんだって。

 

才能溢れる文才、構成力を持つ人もいっぱいいる。文章を読めばアウトプットに手慣れているすごい人だって分かる。

毎日、更新してる人は脳の作りが賢くて、時間を作るのが上手い人だと思います。

 

僕は国語が得意だった。高校生の頃は国語の成績は常に10段階の10。模試でも国語だけ偏差値は60ぐらいを推移してた。(ちなみに他の科目は・・・公開処刑になるので控えます)

仕事も求人情報サービスという人材ビジネスの中でも1番、クリエイティブ要素が求められる業界に入った。

 

でも、ブログの世界には僕よりも執筆で広告の仕事とか編集プロダクション、出版社とかでも通用するレベルじゃね?って思う雲の上にいる方も普通にいらっしゃるので読むだけで勉強になるm(_ _ )m

 

色々な人の記事を読んで僕もこのブログに活かしたいです。見た目を綺麗に書くことも大事だけど、読みたくなる記事を書いてる人は気持ちで書いてる気がします。

 

ちなみに、ブログに関する最近の悩みはスターを付ける数です。

以前まで黄色のスターを5つぐらい付けてたのですが「迷惑かな?」と思うようになり、でも「1つじゃ寂しいよな。。」って事で、3つに減らしました。

 

記事の内容に限らず、読んだよって意味で3つ押す感じですね。特に意味はないけど。

 

あと、「96」でスターが止まっている記事を見たら、4つ押して100にしちゃうこともあります。

そっちの方が気持ち良いかなと思って( ・∇・)b!

 

 

さてさて、前置きが無茶苦茶、長くなってしまいました。。

 

実は本題はここからで、ブログを書くようになって良かったことは「時間の使い方」を改めて考えさせられるようになったことです。

 

起業の準備や本業の事でギチギチな1週間単位のスケジュールの中で「ブログを書く時間」を捻出するようになり、時間って本当に貴重だな。。と実感しました。

 

そして、僕や真太が起業の準備において「時間の使い方」にも関係し、徹底しているのが定量で伝える」ということです!

 

 

定量」とは何か、Googleさんで検索してみましたm(_ _ )m

 

定量とは、明確な数値やデータなどの「数字」で表せる要素のことです。 売上額や販売数、スタッフ数、顧客数、価格、割合、変化率などが該当します。

 

・僕たちが徹底する「定量で伝える」ルールとは。

具体例を挙げながら解説します。

僕と真太は7月17日(土)15:00〜、ミーティングを行いました。これは事前に「7月17日、15時からね」と僕から真太にリマインドを送信しています。 

実際に15:00になった瞬間に真太からビデオ通話の通知が画面に表示され、いつも通りミーティングが始まりました。

 

ですが例えばこの時間の指定が「昼過ぎ」「おやつの時間から」といった共有だったらどうでしょう?

 

僕と真太ほどの関係性でもお互いに時間の認識は違うこともあります。

日本人の皆さんは18:00〜19:00に夜ご飯を必ず食べましょうなんてルールは無い。要は、生活リズムは人それぞれということです。

 

f:id:syuka19:20210724135934j:plain

 

だから「週中の昼過ぎね」のような不透明な共有が常態化していて「何日の何時から何時間のミーティングをする」といった明確に数字で日時を共有できていない状態は危険です。

 

2人の時間の認識に相違があり、ギチギチの1週間のスケジュールの中で貴重な時間を空けたのに肝心のミーティングが出来なくなる可能性も出てきますよね((((;゚Д゚)))))))

 

仕事においても同じです。

職場でも「朝一」「週中」「なるはや」という言葉を使う人が結構いますが僕たちは、そういったファジーな言葉を使えば、

「いやお前。。定量で言えよ。何日の何時だよ?」と厳しく詰めることもあります。

 

僕たちは現在、事業企画を行なっており、収支計画書の作成などお金のこともシビアに見ながら準備をしている事もあり「定量」で伝えることは改めて日々の中でも徹底して行なっていく必要があるなと感じています。

(役割上、僕は真太以上に数字の部分は厳しく見ているので。。)

 

ビジネスマンとして「定量で伝える」意識を持っていないと上司から指摘される事もあるかもしれません。

上司の指摘ぐらいで済むなら全然マシですが、ファジーな概念はお客様とのトラブルを引き起こす要因にもなります。

 

補足「ビジネスメール」でも伝え方には注意が必要!

仕事の中では常に定量で伝えることを意識しながら、同時に考えたいのはビジネスメールなどでの使うべきではない言葉の復習です。

上部で覚えるのではなく言葉には意味があるので「なぜこう言い換えるのか」「なぜ使ってはいけないか」といった背景からインプットすることがお客様とのトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。

 

まとめ

依頼する人、依頼を受ける人の双方が同じ認識を持てるように曖昧な言葉でコミュニケーションを取るのではなく「定量」で相手にしっかり伝えましょう!

また、時間は有限です。

1秒も増やすことは出来ませんが、1秒の使い方は変えられます。

 

「時間が全然無い( ;∀;)!!!」という人は、テレビやYouTubeなどを見ている意識のない時間を少し減らしてみましょう。

意識のない時間、意識のない消費を減らして、勉強する時間を確保してみたり、本を買うお金に回してみましょう。

 

以上で終わりします。

暑い日が続きますが、水分補給して熱中症には気をつけましょう♪

それでは次回の記事でまた皆様にお会いできることを楽しみにしておりますm(_ _ )m

 

最後までお読みいただきありがとうございました!