僕が社長になるまで。

5年後に起業を志す26歳の若者が会社を立ち上げ、社長になるまでの記録です。

失敗への始まり。

こんにちは。

最近、女優の森川葵さんが出ている動画を見て、役の幅とか広いし、表情とか振る舞いに惹かれている朱華です❤︎(。☌ᴗ☌。)

今回は日記みたいに記事を書いていきます。

 

森川葵さんが言ってた、「口にしないと誰にも伝わらないし、どんなに強く思っていても、思ってるだけじゃ叶わない。」という言葉が好きです。

 

起業を目指す僕たちにすごい刺さる言葉です。

熱意があっても、思ってるだけじゃ絶対叶わない。言葉を口に出して、諦め悪く、行動し続ける。

 

今日はサボろうとか、明日からやろうって思うこともあるけど、自分を律する事ができるかどうか、ストイックに頑張れるかどうかで未来は変わると信じています。

 

人間だからどうしても頑張れない時はあると思うけど、昔から僕は頑張れない自分を自分で責めてしまうタイプです。

なぜなら、僕は他者志向ではなく、自己志向型の完璧主義者。だから、自分に対する評価基準が極めて高いから、完璧に出来なかった事を責めてしまうのです。

 

その割には器用ではないので、通常の人が躓かないようなことでも苦手だったりする欠陥人間だと自分では自負しています。

人が単に数回やったら出来ることも僕は何十回も反復しないと出来ません。

 

だから、量を人より何倍もする。何倍もして初めて人と肩を並べる事ができる。そして、本当に優秀な人には敗れ続けてきた。

 

自分はすごい!なんて言えたもんじゃない。

社会人になっても変わらない。営業マンとして2年半。特別、売れてもいないし、今はバックオフィスの仕事に回ってる。

単に努力量、努力の方向性を間違えているんだと思います。

 

でも起業を目指すようになり、何かすごい社会人として以前より色々な事が俯瞰して見れるようになりました。

街を歩いてるだけでも「何でアパレル店、同じ場所に5店舗もあるんだろう」とか、「勝てる飲食店は掃除が行き届いてる」、「あっちの美容室は女性=客単価勝負。こっちの美容室は男性=回転数勝負か」

など見えてくる全ての事が「経営」なり、「ビジネス」などに繋がる。

 

彼女がいたら、「ね〜、朱華の頭の中には"仕事"しかないの?」って怒られるんじゃないかと思います。

まー、彼女いませんけども!⬅︎大声出すところじゃない( ノω-、)クスン

 

キャリア・ウーマンと付き合いたいですね、理想論。昔の彼女は部活=仕事と言う変わった子だったのですが、口癖が

「仕事ができる男が好き」でした。「仕事をサボる男ダサい」もよく言ってました。

 

でも、「仕事が好きな男が1番好き」とも言ってました。僕の仕事は三流ですが、僕は仕事が1番好きです。

何かそういうキャリア志向の女性が好みだし、相性も良さそう。

 

話が恋愛話にズレちゃったけど、友達にもよく言われます。「朱華。お前本当に仕事好きだね」と。

自分でも思うけど、仕事が好きなんですよ僕。ビジネスシーンは色々と面白い場面が多いからね。

自分の持ってる知識やテクニックで「価値」を提供できれば人に褒められるし、難易度の高いミッション、スリル感もあります。

集中モードで仕事して、目標なり、1日のタスクなりを完結できた瞬間に襲いかかる疲労感と達成感。

割合で言うと疲労感8:達成感2ぐらいだけど。

 

それでお金稼げる。+仕事で得た知識や知恵、スキルは自分の財産になる。趣味やってらんないよね。

事業企画だってそう。片手間でやってたら、中途半端なものになる。中途半端な気持ちでやると、得られる結果も中途半端。

中途半端でやる、ぐらいなら辞めておいたほうがいい。

 

寝たい時に寝て、自分の好きな事を好きな時に好きなだけやって、動画見て、美味しい物を食べてまた寝る。

そっちのほうが幸せじゃん。

 

わざわざ本業で激務やった金曜の夜に午前3:00までミーティングして、朝8:00とかに起きて歯を磨いて顔洗ってもうデスク座ってみたいな。

そっちはもう僧じゃん。修行僧じゃん。

 

頭も回らないよね。そりゃそうだ。

 

僕は毎日、『モーニングショット』で頭起こします。飲まないとやってらんないよ。⬅︎酒飲みみたいな事、言ってる( ・∀・)っ凵凵c(・∀・ ) カンパーイ

 

頭起こすならブラック珈琲だろ!って言う人もいるけどさ。

違うんすよ。

スーツ着た若い27歳の黒髪サラリーマンが寝癖付いたまま、出社してきて眠そうな顔で飲むにはモーニングショットなんだよ。

爽やかでも何でもない、そう言う男こそ実は仕事できるんだって。(これは僕の勝手なイメージです)

 

朝から、ナン万円もするコーヒーメーカーで挽きたての良質な珈琲飲んでちゃダメ。朝は「赤」でキメなきゃ。

f:id:syuka19:20210918113757j:plain

珈琲を語りたかった訳じゃないけど、一応ね。

修行僧は冗談っぽく言ったけど、起業するなら何というかただ、「やらねば」っていう危機感が常に付き纏ってくるんだよね。

 

事業企画における、必要な人材確保の計画、資金計画など全部、希望的観測や絵空事ではなく、「もう絶対いける。百パーいける」みたいなガチガチの計画を立てる。

 

何度も精査。練り直し。税理士、行政書士など巻き込んで何度も定款を確認、修正。思い込み、慢心が無いか。

全部、死ぬほど精査してやっと登記。会社設立。

 

そして、残酷ながらその多くは失敗する。

 

というより、僕たちの「現在地」=ビジネススキル、計画なら百パーセント失敗すると思います。

他人が失敗するか成功するかどうかの%なんて関係ない。自分たちが成功するか、敗れるどうかの結果が全て。

 

株式会社は昔、資本金1000万円がないと作れなかった。有限会社でも300?万円だった気がする。

でも今は資本金1円で作れる。=実際は無理だけど。30万円ぐらいかな?そういうルールの背景には、

「会社は無収益でも1000万円ぐらいあればひとまず1年ぐらいは持つからそれぐらい最初に積んどけ」っていう意味があったんだと思う。

 

甘くないよね。現実は常に残酷で、地獄だと思う。

 

起業したいって思いがあっても、森川葵さんが言ってたように「口に出して言わなきゃ」できる訳ない。それに+「やってみる」じゃないとダメな気がします。

 

絵空事ならナンボでも言える。

「世の中に無いよね、○○みたいなサービス。絶対、俺作れるし」と言ってる人を時々見るけど、

起業がそんな甘い世界じゃないのは実際に事業企画を本気でやってきて何度も真太と衝突しながら、血涙出る程、調べまくる過程で

自分たちがどれだけ世間知らずで甘ちゃんだったのか気付かされるかたちで知った。

 

世の中に無い、革新性あるサービスなら起業できる。何の根拠もないのに僕たちも初めはそう思ってた。

 

でも違ったよ。事業企画をやってたら、そもそもそんなサービスが世の人々に受け入れられる?ってなる。

 

そして、どう受け入れさせるってなる。その根拠は?➡︎なるほどね。でもその根拠、思い込みじゃね?

市場背景どうなってるの?規模は?競合他社は?類似サービスは?それってどれくらい売り上げてるの?固定費どれくらい?変動費は?

 

基本戦略ってどう考える?戦略的は「何を」選択したの?価格競争は?「何を」選択したの?

販売チャネルは?どこでどのタイミングで参入するの?顧客獲得はどうするの?営業するって何をどうするの?

資本提携は?経常利益の計算わかってる?

 

何も知らない?寝言は寝て言え。エゴで付き合わされる社員達が可哀想。お前ら達は会社なんて作るなで終わっちゃう。

 

本当にこういう事を言われるだろうし、実際に真太と事業企画を詰める時にこういう壁にぶち当たってきた。

 

その度に真太と何時間も「ユーザーはどう思うか。」「お客様にとって何がベストか」「そもそもこのサービスって社会に本当に必要か?」「僕たちが"やってみたいだけ"で作ってるだけじゃね?」といった視点から逆算して1項目1項目を埋めていく。

 

それに1項目1項目を埋める感覚に近いけど、全部で何項目や範囲など存在しない。一生、突き詰める必要がある。

昨日のミーティングで僕は言ったけど「自分たちが作った、考えたサービスが世の中の人々のために必ずなる。なんて自己満足はよそう。」自分たちが考えたサービス。誰だって可愛いよ。これは「イケるわ」って信じるし。

 

でも大事な事は「自分たちが考えたサービスを自分たちならどう潰すか。」です。

1周、回ってそういう視点で見なきゃダメだと僕は思います。

 

常に自分たちが見る世界。自分たちが経験してきた事だけが社会や世の人々にとっても常識的で正しいという「思い込みを捨てる。」

これが僕や真太が事業企画で行き詰まったりした時に、考えている視点です。

 

 

秋の匂い、季節の変わり目を感じる9月5日。

まだまだ突き詰めは続きますが、収支計画を何度も計算し直してやっと僕たちの事業計画は何とか1つ仕上がりました✨

 

事業企画を通じて自分達のレベルの低さを痛感した。

まだまだ考えが浅いし、甘っちょろい。

わかっていたけど、ここまで物事や計画が上手く進まないとは思っていなかった。

 

「もっともっと僕たちは努力をしなきゃな。。」

と本当に思う。

何はともあれ、僕たちの起業への道。やっと、失敗への始まりといった感じです。

 

 

そして僕たちは1つの決断をしました。それはまた時が来たら書きます。20時からまたミーティングがあるからね。

その前に他にも色々と準備しなきゃだから。

 

皆さんも仕事や家事や勉強におつかれさまでした。

3連休の人もいらっしゃるのかな?

ゆっくり身体を休めるなり、連休を謳歌するなり楽しんでくださいね♪

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございますm(_ _ )m

それでは次回の記事でお会いしましょう!

ではでは♪

朱華

 

当事者意識。

さっき、薬局へ歯磨き粉を買いに行ってきた帰り道の公園に小さな子ども達とママさん3人が楽しそうにお話されていました。

 

昨日の東京も暑過ぎず、でもポカポカで金木犀の香りがとても心地よかったので、遊びに連れて来られていたのでしょう。

とても和やかで幸せな雰囲気だったのでなぜか僕も気持ちがいいです。

 

こうした風景や日常を見ると社会はもう充分に幸せで、誰も不満がない素晴らしい毎日が未来へと永遠に続いているように思えます。

僕たちが起業し、事業を通じて社会の負を解決しようとせずとも人々は自らの力と価値観次第で幸せになることができる。

僕はそう思います。

 

でも、何も不自由なく、幸せな人もいる影には、この瞬間にも社会の負や不幸に苦しむ方達がいらっしゃいます。

 

それが現実です。

 

 

だから、僕たちは起業を目指します。それで少しでも社会や人々の幸せが広がり、1人でも救えたらそれで良い。それで十分。

 

 

昨日、東京都千代田区で起きたタクシーの衝突事故。亡くなられた方もおり、現在、治療中の負傷者の方々もいらっしゃいます。

母親と当時3歳だった女の子が亡くなられた東池袋で起きた池袋暴走事故の判決も出ましたが、その後も自動車事故は後を経ちません。

 

7月末には福岡県で保育園の送迎バス車内に5歳の男の子が置き去りになった上、熱中症で亡くなられた事件も発生しました。

 

 

僕は東洋経済やニューズピックスなど会社や経営にまつわるニュースを通勤電車や食事中(行儀、悪いけどね)、就寝前など携帯で読みながら生活しているのですが、

同時に社会で起きたどんなニュースでも触れて考えることが大事だと思っていてSimplenote(シンプルノート)というアプリに自分の思ったことや感じたことを書いてます。

 

だから、上記のような事故や事件も読むのですが、Yahoo!ニュースなどで亡くなられた方達のご遺族などのコメントなどがあると、

触れて考える事が大事だと思ってても読み進めるのが辛い時があります。

 

衝突事故や暴走事故では車に問題があったかどうか、また、運転手の過失など色々議論が飛び交う訳ですが、

加害者を法律で裁いたら、それで終わりではないと僕は思います。

 

今回、起きた千代田区の事故も、池袋の事故も、福岡の保育園バスの事件も2、3年後には「あ〜、そんなことも合ったなー、その後どうなったっけー?」と被害者と遺族以外の人々に忘れられていく。

それでは同じ過ちを繰り返すだけだと思います。

 

「車は悪くない!」と言うのは、証明された結果がそうなら事実です。実際に池袋の暴走事故ではトヨタプリウスに技術的な欠陥が無かったそうです。

また、素人の僕ではそれが真実だとは語れませんが、アクセルとブレーキの踏み間違えがあったという証拠も第4回か5回公判?で出てました。

 

そして、9月。禁錮5年の実刑判決が出た。でも判決が出たら終わりなのではなく、大事なことはもう1つある。

それは、このような事故が2度と起きないようにすること。

 

言われなくてもですが、今回、サポカーでは事故を防げなかった訳ですから、各種自動車メーカーは車の衝突回避、自動ブレーキ機能を更に精度の高いレベルへ技術進歩を目指し研鑽すること。

運転席の足元に解像度の高いカメラを備え付けたりなど、事故を起こさないではなく、人が誤った操作をしても、システムが事故を防ぐ、本当の意味で意思を持つ車の開発など企業努力に尽力して欲しいと感じます。

 

また、安全運転講習の受講や、家族や知人の高齢者ドライバーの免許返納の促進といった車の性能とは違う部分から未然に事故を起こさない地道な取り組みを自責でしていくことが大切だと感じます。

 

保育園の送迎バスの事件では、保育士さん個人の不注意と言うよりも、園の確認するマニュアルが整備されていなかったこと、甘かったことが引き起こした事件に見えます。

 

「抜け漏れないでしょ、普通」って言われても全然おかしくないし、絶対にあってはいけない痛ましい事件です。

人を感知して車内の温度調整を自動でするシステムがあれば、確認が杜撰にならないようにチェックを付ける習慣があればとも思います。当然、園に責任はある。

 

でも、ただ起きた。誰が悪い。

で終わらずに、亡くなられた方達と遺族の思いを考え、2度と同じような事件が起こらないように考えるのは社会と今を生きる人々にもできます。

 

人も企業も当事者意識を持って日々、過ごせるかどうか、注意を払えるかどうかで残酷な未来を変える事ができると僕は思います。

 

 

・・・・・

 

 

金木犀の甘い香りに包まれて、絶好の散歩日和。僕はふと、そんなことを考えながら公園の風景を立ち止まって見ていました。

 

 

 

最後に、言葉では偉そうに語って、僕たちは忘れてる。なんて事ないよう、「当事者意識」を自分たちも再度、意識を高めます。

 

当ブログの読者の皆様ではなく、医療従事者の方達をサポートし、「医療社会に貢献する。」を目標に医療ITベンチャーの設立を目指す僕たち自身へ向けたメッセージを記し、終わりにします。

 

思いは大事。

何度も唱えて忘れないように。それがブログを始めた理由だからね。

 

 

 

僕たちも当事者意識を忘れていけない。社会や人々が何に困り、何をしてあげたら喜んで貰えるのか。

1番に考えることは「ユーザー・ビリティー」。人への誠意と真摯さを忘れるな。

 

自分たちに驕らず、言葉ではなく行動で示そう。レディー・ファースト、年配者に親身に、子ども達には優しく。

困っている人がいれば利他の心で助けてあげよう。社会は支え合い、助け合いで成り立っているのだから。

日々のそうした行動が経営にも必ず現れる。意識しよう。努力しよう。

 

社員の昇給や昇進の基準とは。

こんばんは。

最近、美容意識高めの朱華です❤︎(。☌ᴗ☌。)

 

寝る前に前髪をヘアゴムで縛って寝るとニキビができません。と言うより、肌が綺麗と言われるのでもっと美意識上げたいです。

ちなみに真太もマジで肌綺麗です。自分でも言ってます。

 

 

はい。

んにゃことどーでもよき。

 

 

今夜は昇給・昇進について考えてみたので堅苦しい言葉ではなくビュンビュン書いていきたいと思います。

 

僕も真太も会えば物腰は柔らかいタイプですが、この記事では不透明な人事評価で寂しい思いをしているサラリーマンの気持ちを生々しく代弁したいので言葉がお上品でない部分もありますが、これも1つの洒落た遊びだと思ってね。

 

8月のお盆休みのこと。

僕たちは1つの事業企画における収支計画を考えていました。

 

収支計画を簡単に言えば会社の家計簿みたいなものです。会社の経営戦略から売上、経費、保険料などを試算します。

 

その際に社員の給料も考えるのですが、売上や職種、勤務年数などから幾らにするか、本当にこの社員の給料を決めるのがむちゃくちゃ大変です。

 

でも、その給料が適切であるか適切ではないかは一旦、置いておいて僕たちは定量的考えのもとで決めることができたのでとても良かったと思います。

 

1つ事例を挙げたいと思います。

 

同じ会社で5年、10年と働く人もいるのに全く昇給していない人、皆さんの周りにもいらっしゃらないでしょうか?

アニメやドラマなどでも万年、平社員みたいなキャラ設定ありますよね。

 

現実世界では1週間も終わった華金には「この会社、給料全然上がらないよな〜」と不満の声、よく居酒屋やバーで愚痴を溢すサラリーマンを見ます。

 

昇給や昇進に関してよくある人事評価ですが、昇給には勤怠や仕事内容のほかに上司のさらに上になる管理職クラスが決める「貢献度」なるものが必要だと言う話をよく聞きます。

 

僕は思います。

 

「貢献度?なんだろうそれ」

 

 

たぶん、それら上司や管理職の言う貢献度とは「会社に貢献しているか?」っていう、評価基準が明確に定められていない、

ベンチャーや中小企業に多い(大企業でも全然あると思うけど・・・)「不透明な評価制度の総称」だと僕は思っています。

 

上司から「貢献度で人を見ている」と言われた場合の返し言葉は「抽象的な基準過ぎます。貢献は皆してる」が正しいです。

 

100歩譲って貢献度で人を見ているのはわかります。貢献度で住み分け、ちゃんと基準を設けていますよと。

 

先に僕や真太の考えを言うと、売上、業務量、シェアアップ、残業時間、勤怠など定量的数字こそ貢献しているかの否かの基準を設けられる方法だと思ってます。

 

だから、そういう事象が起きたら僕たちはとても素直に聞き返すと思います。

(本当に純粋な質問だと思う。

 基準があるなら基準を教えて欲しいって事だから)

 

 

「貢献度が定量じゃない何かと言うのであればその定義を教えて欲しい。」

 

 

そしてその抽象的基準による、

貢献していないか、貢献しているかがあるのなら

 

貢献していない人間あるいは

貢献している人間を

「名指しで指名できる」のが理屈上正しくない?って思います。

 

でも答えは当然NO。

図星だと思うのですが、たぶん無いんだよね。貢献度の中身って。

 

それって客観的思想の上、要は「お気に入りか」「お気に入りじゃないか」それだけの薄っぺらい口から出た基準。

 

明確な定義なんてものはないんだ。

だから定義を示せの質問に答えられないんだと思います。

(国立大学医学部に入るにはこの点数を取ったら合格ラインっていう基準点があるものを「頑張り次第で合格」みたいな感じに言ってるようなもんだと思うんだ)

 

つまるところ、

社員の給料って定量でしか導き出せないと思う。(極論です。異論は勿論、認めます)

 

だって頑張ってるか頑張ってないかなんて計りよう無いし、役員の客観的な内側だけの基準で給料決めたら社員同士が必ず揉めるよ。

 

それに多くの社員は

「自分の価値観の中」で「頑張っている」んだよね。

 

だからこそ、僕は会社とは「成果を出す場所」だと思ってる。

頑張るのは当然で、

頑張った結果が成果=定量的数字。

定量的数字であれば基準を設けられる。だから昇給基準が明確。

 

基準が明確だから頑張ってても

定量的数字が上げられない人には仕事を教える事だって明確にできる。

(明確に足りていない部分がわかる訳だから)

 

僕たちが作る会社は今の日本企業みたいな

年功序列

・上司への忖度

・貢献度(これ本当に意味がわからんけど)

のような抽象的要素の強く、明確じゃない基準で人の評価はしない会社でありたいと思います。

 

抽象的要素の強い基準って誠意が足りないと思うし、

社員の能力が一向に上がらなくなる気がします。

 

なぜなら、頑張っても評価が適切にされない職場で働く人って

どういう思考になるかというと

何も変わらないなら頑張らない方が楽だし時給高くね?ってなる。

 

Excelも商談も開発も上達しない、

時間かけて研鑽しない方が都合が良いと思ってしまうよ。。

 

僕たちはそんな会社にしたくない!

経理であれば

・仕事と業務時間の費用対効果

・新しいスキルの習得

・報告書レベルの会計ミスを

 何ヶ月連続で起こしていないかなど

定量的基準を設けて昇給制度を作りたいし、そこに目を凝らせる経営者でありたい。

 

起業を決意した時から言ってる

人の気持ちや人を大事する会社でありたいからこそ、

不透明な評価制度で人を評価するのは失礼だという

常識がある会社を目指したい。

 

でもお盆休みの収支計画で

「頑張ったら給料上げたら?」とは僕も真太も言わなかった。

 

三者があの場にいて、

それを言ったらたぶん僕も真太も

「頑張ったらって何をどのくらい?定量で言えよ。」

が言えたのではないかと思います。

 

それが素直に嬉しかったです。

 

 

以上で終わりにします。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは次回の記事でお会いしましょう!良き夢を~(-ω-)zzz

【祝1周年】ブログ運営報告!読者さん70人突破!気になるアクセスPV数は!?◆感謝

まだ夏らしいこと1つもせず、スーツ着て仕事。仕事。仕事。

どうも、朱華です❤︎(。☌ᴗ☌。)

 

8月31日。

何の日か分かりますか?

そう、「夏」の終わりとされる日です。(まだ、むちゃ暑いけどね💦)

 

読者の皆様、またブロガーの皆さん、株式会社はてなの皆様、そして人生2度と来ない2021年の素敵な夏よ、お疲れ様っした!

冷やし茶漬けが今、無性に食べたい気分ですが、我慢。我慢。

 

前回、ブログを振り返ったのは7月7月。上半期終了のタイミング。そこから、また2ヶ月立ちました。

2ヶ月に1回は振り返りをしようと僕の中では決めておりますので今夜は当ブログ、『僕が社長になるまで。』の運営報告をいたします。

 

前回の振り返りで記事の投稿数が大幅に失速していることを反省~(꒪꒳꒪;)~

 

寝る時間も削って事業企画やその他、起業に向けた準備を推し進める中、8月はブログ書く時間も捻出。

それに今回は8月31日という末日にアクセス数などを確認し、1ヶ月のブログの進捗や運営結果がばっちり数字で出るようにしました!

 

誰も興味ない。。かもしれませんが、包み隠さず公開しますのでパソコン画面の向こう側の皆さん、

わさビーフでもつまみつつ、お酒でも飲みながら読んでやってください!

 

それでは始まり、始まり〜❤︎(。☌ᴗ☌。)

 

 

前回の振り返りはこちらの記事🔻

inno-cence.shop

 

数字で見る前回の振り返り

ブログ更新日:2021年7月7日

読者さん:登録50人

アクセス数:確か〜、300ぐらいだった気がします_(-ω-`_)⌒)_ショボーン

 

5月のアクセス数🔻

f:id:syuka19:20210509152408j:plain

 

7月のアクセス数推移🔻

f:id:syuka19:20210705232413p:plain
5月は20アクセス超えることも難しかったけど、7月は何回か25アクセス以上を数回出す事ができました。

7月3日は65ぐらいありますが、半分ぐらいは多分、自分です(ʃᵕ̩̩ ᵕ̩̩⑅)シクシク

 

それでは早速、今月の最終着地を見ていきましょう!

◎アクセス数

f:id:syuka19:20210831214419p:plain

8月9日(月)に読者さんが58アクセスして下さった日以降、確実に1日のアクセス数がベースアップしました。

月間のアクセス数は、な、なんと632!!!

僕たちのブログで月間アクセス数過去1位の記録です!

 

本当に光栄なことに僕たちの記事を引用してくださる人も増えてきたからか、急速に増えました。

足を運んで下さる方には感謝しか言葉が見つかりません!( ;∀;)涙が出まする。

 

 

8月投稿で最も多くのスター数を読者さんが下さった記事の紹介です。

最多スター賞記事はこちら!🔻

inno-cence.shop

前回8月27日に更新したばかりの記事。

「人生を懸けた目標」です!!

スター数:★96 ブクマ:4users

 

100スターまでもう1歩だった!!惜しい!

この画像1つ何もない、真っ白い余白多めの記事がまさかの1番を取るなんて!僕の中では驚きです。

真っ直ぐに思いを込めて書いた記事だったので頑張りが報われた気がします。

 

読んでくださった皆様、本当にありがとうございますm(_ _ )m

 

そして惜しくも2位になった記事はこちら!🔻

inno-cence.shop

8月15日更新の記事。

「人の上に立つ者の器と心構えを知る『もののけ姫』エボシ御前編。」です!!

 スター数:★88 ブクマ:7users

 

美人かつ戦略家で頼れるリーダー、エボシ御前。彼女は地上波だけではなく、当ブログでもその魅力を存分に発揮してくれたようです。

 

金曜ロードショーが終わった後、ちょっとTwitterエゴサしてみるとエボシ御前のイラストがいっぱい投稿されていました。

それだけ人を魅了しているってことですよね!

 

僕も起業をしたら、エボシ御前のように牽引力で仲間をグイグイ引っ張れるような経営者になりたいです。

こちらも読んでくださった皆様、本当にありがとうございますm(_ _ )m

 

◎投稿数 

続いては投稿数です!

8月の投稿数は 投稿でした!

 

ちなみにブログ開設から現在までで52投稿です。

6月が4投稿、7月が5投稿。前回の反省から、ちゃんと「ブログを書く」時間を捻出する意識を持つことで投稿数が回復しました!

 

ちなみに本業の残業時間は減って32時間ぐらいです。

平日は普通に働き、休日は事業企画。平日の夜の時間でブログもきっちり更新!

 

ブログが楽しい。だからもっと早く書けるように日中気づいたことはメモったり、書ける時間があったら下書きしたりして思いを留めるように工夫してます!

 

もっと頑張ります!フリ ₍₍◡( ╹◡╹ )◡₎₎ フリ

 

◎読者数

お待ちかねの読者数!

f:id:syuka19:20210902220933p:plain

 

現在、な、な、なんと!!

74名の方に読者登録して頂いております!

 

2ヶ月間で+24名!

起業したら全員お招きして六本木で飲みましょうか。

 

感謝の言葉しかございません!( ;∀;) (本日2度目)

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

8月、9月のブログ運営上の取り組み

Twitterもやってます(前回に続き2度目)

高校総体などでよく見る○年連続○度目おめでとう!みたいな、運動部の大会みたいになりましたが、細々とTwitterを運営しております。

読者さん、医療従事者の方々、経営者の先輩方、そして起業のライバル達よ、誰でもウェルカムです!

 

というよりも・・・

フォロワーまだ、10人程度。。(´+ω+`)

 

お情けでも嬉しいです。ぜひ、フォローをお願いします!

 

読者さん、経営者、医療従事者の方々との繋がりも、もっと大事にしていきたいという思いもあり、試行錯誤の段階ですが、

更新が途絶えているnoteへの再起、そしてこれからInstagramも開始予定です!

 

◎記事内容の変化

特になし。相変わらず起業、仕事がメイン。

8月はジブリアニメや電通の販売戦略など、仕事に活かせそうな仕事術やビジネスマインドが多くなりました。

9月の意気込みとしてはもうちょっと起業のことや僕、真太のこと、書くぞ書くぞと書けずにいる医療業界のことにもスポットを当てていきたいですね。

 

9月〜10月は事業企画のことで忙しくなるのですが、それでもやっぱりね、当ブログは現在進行形ブログなので、

僕や真太の起業までの動きをダイレクトにお伝えしていきたいです。

 

僕たちが起業することを信じず、批判する人もいるだろうし、起業することを信じて疑わない人も出てきてくれるかもしれません。

 

でも、僕たちを信じ、待ってくれる。応援してくれる。そういう人たちへ将来は起業し、事業を通じて恩返しできたら最高ですね。

 

今後の話

◎起業に向けて 

9月〜10月は事業企画をメインに動きます。サイト構築のこともありますが、これは進捗シビアですね。

 

現在、ブログの更新は僕が1人で行なっており、サイト構築を真太、事業企画など起業に直結する部分は2人でしておりますが、

事業企画のヘヴィさは尋常では無いです。1つ1つに根拠。根拠。根拠の連続で大変ですね。

 

大海原でカジキマグロを釣るときに、何回もリールを緩めたり、巻いたりしながら釣り上げる感じと例えると分かりにくいでしょうか。(それは全然、わからん)

 

 

収支計画では真太とも衝突したり。。

でも、お互いにユーザー・ファースト、人への誠意を深く追求する上で、やっぱりそうじゃないよ。と言った感じで話し合ったりするような雰囲気です。

 

真太は「間に合わせる!」とは言ってくれてますが、振られている僕の仕事が遅いこともあり、スピードを鈍化させてしまっている部分があります。

 

本当に申し訳ない、、気持ちです。

 

もう1度、自責でしっかり僕がやるべきことを見直し、周囲の人たちの理解、読者の皆様からの応援とご指導に心より感謝し、

真太と共に9〜10月の勝負の大1番を乗り越えていきたいと思います!

 

◎最後に

本日も起業に向かって歩みを止めずに来れているのは、読者の皆様からいただくブログへのいいね、コメント、ブックマーク、Twitterのフォローがモチベーションに繋がり、新しいことへ挑戦する勇気を与えてくださっているからです。

 

夏の終わりの節目に再度、厚く御礼申し上げます。m(_ _ )m

 

また、はてなブログという規律正しく、安心できる情報発信の場を作ってくださっている株式会社はてな様に心より感謝申し上げます。

 

 

僕たちが目指す世界観、それは

「人々が健康で、幸せに過ごせる」という

 当たり前の毎日の実現。

 

 

これからも若者2人の挑戦を温かい目で見守って頂けますと幸いですm(_ _ )m

 

引き続きどうぞ僕たちとこのブログを宜しくお願い申し上げます。

 

2021年9月2日

朱華・真太

 

 

人生を懸けた目標。

 

社会人1年目の頃、僕は人生を懸けた1つの目標を立てました。

 

 

「将来は経営者になる。」

 

 

僕の父親は国際総合物流に勤める管理職。新卒から現在まで1社で立派に勤め続け、同期の中でも出世レースの勝ち組だったようです。

 

東証1部上場企業で部下を何十名も持つ立場になり、一昨年か去年だったか子会社の社長へ打診されるも家庭理由もあり、打診を断り1度見送る判断をしました。

 

僕が小さい頃は深夜12時半頃に帰宅し、朝6時頃には家を出発していたハードワーカーの父親のもとで育った僕は、

働くのは辛いが、「働くからこそ人生は豊かになり、良いものになる。」という考えをどこか心の幹なる部分に持っていたのだと思います。

 

父親も相当辛いことがあったと思いますが、それでも家族を養うためにハードに働き、人の倍。いや、それ以上の成果を仕事で出してきたからこそ、

高い報酬と職位を手にしているという僕にとって最も距離の近い社会人のロマンと現実が常に傍にあった気がします。

 

 

 

親子鷹・・・父と子が共に優れた能力を持っていることを表す比喩表現。

 

 

この言葉ほど、僕にとって重くのしかかるものはありません。

 

 

思えば、父親は学校名を言えば誰でもわかる進学校から特待で大学へ進んでいます。大学時代も優等生だったそうですが、驚くべきは学生の頃から先見性があったことです。

 

社会では「激務」「転勤が多い」といった負のイメージが強いものの、何があっても回り続けるであろう準インフラなる社会の動脈、物流界へと就職したのです。

 

その鷹である父親のDNAを引き継いでいるはずの僕はというと優れた成績を収めるような俗に言う優等生ではありませんでした。

小学校、中学校、高校とバスケに熱中しただけで、学業成績はオール3のようなごくごく普通にいる「一般生徒」だったと思います。

 

突出した何かを持たない僕は平凡な準私大に進学するという普通の選択をします。後にこの大学への進学は英断だったことになります。

 

そうです。綺麗な桜が学内を舞う入学2日目に出会った同期の爽やかなイケメン。医療従事者の両親を持つ彼こそが現在、共に起業を志す同志、真太。

  

共に夢を持ち、想いを形にするために人生を一緒に懸けてくれる相棒と奇跡的な出会いを果たすわけです。

 

高校生の頃から僕は社会人になっても「父親を超えるビジネスマンになる」ことは難しいだろう。という思いは薄々ながらありました。

息子に無理した発破をかけるタイプではない父親ですが、やはり息子に期待をすると言うのは事実あるのではないかと思います。

 

いつしか僕の思いは1つ具体的になっていました。それは、

 

「父親を超える」と言うこと。

 

勝負の熱意ではなく、両親への感謝。それが父親を超え、金を稼ぎ、両親へ最後は必ず最高の孝行する。

そういった思いです。

 

 

大学卒業後、僕が選んだのは人材業界。

 

 

父親と同じ物流界へ歩みを進める選択を自分もしていたら、まず敵わない。僕は自分の思いや就職への執着もありましたが、別の理由に

父親には自身の仕事へ誇りのようなものもあるように感じたからです。

  

物流という仕事柄、台風が来ても、地震があっても社会、人のために通常スケジュールで物を届ける。

 

天災による休日出勤や海外にも頻繁に飛び回っていた父親を動かしていたのは「仕事への誇り」だったのかは聞いてみるしか分からないけれど、真面目なだけではない別の何かだと思います。

 

父親のようにガンガン自分の思うがままに働く人がいる裏で、仕事に悩み、苦しみ、自ら命を絶ってしまうような人もいる。

僕の母親のように働くことが難しい体になってしまったり、完治しても年齢的に再就職が困難になってしまう人もいる。

 

「働くからこそ人生は豊かになり、良いものになる。」という思いを物心がついた頃から感じていた僕は働く機会を創る仕事へ興味を抱くようになり、

その思いはいつしか

 

変えてやる。

 

という思いから想いへと変わっていました。それが、僕が自分の中で出した就職への答えです。

「労働社会で苦しむ人を助けたい」

その想いだけを心の幹に新たに刻み、僕は人材業界へ就職しました。そして現在もその想いは腐らずに持ち続けています。

人材業界で沢山の社長、トップと出会いました。担当する業界は様々でしたが、1つこれだけは言えるという事があります。

 

それは、どんな仕事も素晴らしい。ということです。

 

人材業界へ就職して1年も経たないある日、電気設備会社の社長さんは真夏の暑い日に僕を作業車に乗せて、一緒に現場に連れてって下さいました。

 

集中力も散漫になりそうな灼熱の住宅街で電線に不具合が無いのかチェックを行うのですが、高所、感電のリスクなども考えると常に死と隣り合わせの仕事です。

 

朝から始まったチェックも無事に終わり、社員さん達が降りてきて事務所へ帰る頃には夕方になっていましたが、

社長さんは「おつかれ!今日はエエ仕事したな!」と社員さん1人1人に声をかけていました。

 

僕は求人広告に使う写真を撮るために同行しただけですが、痺れる程にカッコイイ、スーパーヒーローのような仕事だなと感じました。

 

また、社長さんは僕にも「お疲れ」と言って下さいました。仕事の醍醐味や苦難を知り、器が大きく、社員を可愛がる社長さんを見ると

憧れのような何とも言えない思いが込み上げてきました。

 

出発前は「今日、すっげー暑いけど、この仕事外でやるみたいだし大丈夫なのか。」ぐらいに思っていた自分を叱り、深く反省しました。

 

学生の頃や社会人歴が浅かった頃の僕は自分の中にあるイメージで「仕事」を語っていました。

でも人材業界に就職して経営者や社員の方々が実際に働く場面を傍で見たり、インタビューするうちに、その自分の世間知らずさを恥じる事になりました。

 

仕事に優劣はない。僕は自分の経験談からそう断言できます。どんな仕事も誰かの役に立ち、支え合って社会は成り立っている。

これまでは分かっていたようで実際は理解が浅かったと思います。

 

 

父親の仕事をする姿から「働くからこそ人生は豊かになり、良いものになる」と感じ、父親を超えるためと、

「労働社会で苦しむ人を助けたい」という熱意を持って人材業界に入り、そこで出会った経営者、トップから自分の青さを認識しました。

 

そして社会人1年目の終わり、当時23歳だった僕は仕事に熱く向き合う経営者の人たちに感化されて、僕も経営者になると人生を懸けた目標を立てたのです。

 

父親が管理職だったことや僕自身が経営者と仕事をする事が多い営業職だったこともあり、経営には社会人1年目から興味があり、自分なりに勉強をしていました。

 

しかし、1人で考え込み、固まった頭で起業を目指すより事業の企画や目指す方向性を常に確認し合うためにも共に人生を懸けて戦ってくれるビジネスパートナーの存在が必要でした。

そこで、学生時代に出会ってからずっと僕の精神的支柱であった彼に声をかけます。2020年のことです。

 

自分に不足した部分を補ってくれる頼もしい存在。

 

頭も非常に良く、NO.2の動きを知る真太をエンジニア兼副代表。つまり、将来の共同経営者として猛烈に口説き、本日も2人で起業に向かって歩みを止めずに来ることができました。

 

最近は昔のようにただ仲良しの親友ではなくビジネスパートナーに近づいてきているような気がします。

だから時には思いや意見が衝突したり、ヒートアップしてしまうこともありますが、僕も真太も見ている未来は同じです。

 

2人で起業を志して早1年になりますが、9月〜10月には事業企画を1つ社会に開示したいと考えております。

特許への申請なども検討中であるので実際には未確定です。

 

 

一定の期間だけでもビジネスプランを保護するのか、それとも資本主義社会の自由競争に則り、社会に開示し、反応を見るのか。

 

理由があり、どちらか1つしか選べないのです。

 

 

真太も言っていましたが、どちらを選んでも後悔はないです。自分たちに出来る最大限のことは精一杯やったと思うので。

自分たちで来週、最後の議論した上で決めたいと思います。

 

やっとここまで来るのにという自分たちへの慢心は一切なく、実際はスタートラインにもまだ立てずにいる若者2人です。

本日も僕たちが起業を目指せるのは、ひとえに起業への嬉しいご声援、ご指導下さる皆様方のお陰でございます。

皆様方のメッセージはモチベーションに大変、繋がっております。起業を目指し、改めて人との繋がりは大切であると身に沁みる毎日です。

 

この場をお借りして改めて厚く御礼申し上げます。

 

最後に、皆さんへ本日の記事を届ける少し前に僕と真太の起業への想いを真っ直ぐに伝えているメッセージ・ページも作成しております。

 

読んで下さると光栄です❤︎(。☌ᴗ☌。)

inno-cence.shop

 

ヒントは基礎スキル✖︎ビジネス知識!?爆速で仕事を片付ける方法。

こんばんは。

ポンジュースにハマっている朱華です❤(。☌ᴗ☌。)

 

お昼に薬局から帰宅するとドアに黒くて小さい蜘蛛が。。🕷

f:id:syuka19:20210822155126j:plain

(苦手な人もいらっしゃると思うので画像は小さくしております。)

 

ぴょんぴょん素早く動き回る、この小さい蜘蛛の正体はハエドリ蜘蛛科のアダンソンハエトリです

世界的にも広く分布する無毒の蜘蛛で家の中に現れることが多いようです。

 

名前の通り、主にハエを食べる蜘蛛ですが、調べると素早い動きで獲物に飛びかかり、動きの早いダニや小さなゴキブリも捕食するようです。

人間に無害な虫で、害虫を駆除してくれるので日本では「益虫」として有名です。

 

アダンソンが部屋に遊びに来ると喜ぶ人や顔や動きもカワイイのでペットとして飼育しているマニアックな人もいるようですね

夜行性ではなく、昼に動くので夜に悪さをすることはありません。また、アダンソンは巣を作ることが無いので家に現れても放置できます。

 

僕は基本的には虫が嫌いなのですが、小学生の頃から知っているアダンソンハエトリは1番好きな虫と言っても過言ではないですね。

 

さて蜘蛛の話はこれぐらいにして、本日はアダンソンハエトリの素早い動きを見て思った「仕事のスピード」に関する内容です。

 

皆さんは自分の仕事のスピードに自信がありますでしょうか。

 

僕は元営業マンにも関わらず、商談やプレゼンなどが苦手でポンコツ社員ですが、スピード✖︎正確性においては自信があります。

実際に僕は表立った仕事よりコツコツ行う作業や人の役に立つ裏方業務が得意というのもあり、会社で営業系の職種から裏方の事務系職種に異動になりました。

 

事務の仕事1番求められるのはスピードです。もちろんミスがなく、正確な仕事をするのが前提の話ですが。。

そこで「仕事が遅くて悩んでる」「仕事が終わらず、毎日のように残業ばかり。。」という人に仕事のスピードに自信がある僕が仕事を早く終わらせる方法を伝授します!

 

結論から言いますと仕事を速くするには、

・80:20の法則

・人に聞く

・仕事を学ぶ

の3点を意識すれば圧倒的に速くなると思います。

詳しく書いていきます。

 

【80:20の法則】

僕が経営者を目指す上で勉強した知識を共有しますが、ビジネスの世界には「80:20の法則」なるものがあります。

それは会社の利益の80%は主要上位20%の顧客から生まれるという法則です。逆を言えば80%の下位顧客は会社の20%の利益しか生まないのです。

でも僕たちは1日の大半を80%の下位顧客に費やしているのが事実です。だから、主要上位20%の顧客への価値提供に力を注ぎ、80%の下位顧客を減らして時間帯における利益率を向上させる方が圧倒的に良いです。

 

80%も下位顧客がいるのだから仕事の量もキャパオーバーになります。そして、主要上位20%の顧客にまで影響を及ぼします。

顧客の数が多すぎるとミスが増えたり、カネに繋がらない仕事も増えます。余計に時間を奪われて仕事が終わらないという負のスパイラルに陥ります。

 

ビジネスマンなら「カネに繋がる仕事」を優先しましょう。取引顧客の受注割合をリストアップし、優先順位を付け、上位20%の顧客の仕事に時間を費やすこと。

主要上位20%の顧客の仕事を引っ張り、下位80%の仕事を減らして利益を上げれば業務の負担も大幅に減るはずです。

対応できないのなら、そもそも取るべき仕事ではないです。根拠となる理由は多々あるのですが、これは社会人になって10回以上言われてる気がします。

 

事務の仕事は主要上位20%の顧客と80%の下位顧客の仕事を同時に受けることがありますが、優先順位は当然、上位>下位です。

上位顧客の仕事のうち、全体を俯瞰して見てスケジューリングし、

・1番速く片付く仕事から着手する

工数の多い仕事は社内に協力者を見つけてアサインをお願いする(数は正義)

・テンプレートを活用する

などで瞬時に対応していけばOKです。

そうすれば1度にかかる負担が減り、仕事のスピードは圧倒的に速くなるはずです。

 

 

【人に聞く】

意外だと思いますが、仕事のスピードを上げたいなら即座に人に聞いたほうがいい。社会人になると「分からないことは自分で調べてね」と言われますが、

正直、僕は人に聞いた方が圧倒的に速く、正確かつ効率的だと思います。

 

僕が尊敬する経営者の1人、ソフトバンク・グループ孫正義社長は分からないことがあった時は分かる人に瞬時に電話して聞くようです。

仕事は勉強ではないので自分で調べる=知識が身に付くというわけではないと思いますし、正しい答えは1つは限らない。

何よりビジネスの世界は他社との競争だから、スピードは正義。

企業の経営者が優秀な秘書を置くのは何故か。それは自分が分からないこと、知らないことを迅速に聞けるようにするためです。

 

仕事が速くなりたいなら、分からないことをGoogleYahoo!、本で納得するまで調べるよりも専門家に聞いて覚える方が断然、早いと思います。

 

目的は仕事のスピードを速くして、成果を上げること。

だから、人に聞くことを恥じるより、遅い仕事で大事な顧客や周囲に迷惑がかかってしまうことを恥じるべし。

 

 

【仕事を学ぶ】

最後に1番大切なことを書きました。どれだけスピードを意識しても仕事の基礎を理解しておらず、スキルが低いと問題が生じます。

仕事の基礎を1つ紹介しますが、メールの返信は迅速・溜めないを意識すること。これは僕が最も意識していることです!

 

多忙のイメージが強い人材業界ですが、それは事実でメールは五月雨式が多く、文字通り、梅雨時の途切れながらも長雨が降るように、断続的かつ小分けした依頼の連絡が鬼のように届きます。

 

これの対処法は非常にシンプルでメールが届いて目についた瞬間、すぐ開き、読み、返信する。たったそれだけです。

でも皆さんの周りにもメールや連絡を後回しにしてむちゃくちゃレスポンスが遅い人が居ませんか?

 

30秒以内で返信できるメールを後回しにするのは直しましょう!

なぜなら、読んだのにそこで返信しなければ、あとで再度30秒かけて「読み直す」工数が発生するからです。

 

簡単に計算してみましょう。

30秒✖︎2回=60秒。

人の倍の時間をかけて仕事をしているということです!メールは1日1通なんて人は少数だと思いますので、更に時間差が広がる恐れもあります。

 

「ま、まずい。わたしだ。。~(꒪꒳꒪;)~」と焦るサラリーマン諸君、O Lのお姉さんもいるかもしれませんが、

大丈夫です。心配はいりません!

 

返信を速くしたいけど、 文章を打つのが遅い人や文面を考えるのが苦手な人は今からお伝えする術を1日ちょっとだけでも意識してみてください!

 

仕事が速くなる上で1番大事なことは「仕事を学ぶこと」です。

仕事を学ぶと言っても様々ですが、この記事ではポイントとなる2つの要素のみご紹介します!

 

1つ目のポイントは基礎スキルの向上です。

これは簡単です。メールの話で例えると、Outlookならメールの文面自体を登録・呼び出しできるクイックパーツ機能を使ったり、

辞書登録機能、ショットカットキーなど仕事の手間を減らすためのスキルや知識を習得することで仕事を素早く処理できます。

ExcelやWord、パワーポイントなども小技を何個か覚えれば、仕事も効率的に進められますよね!

 

これらは基礎中の基礎ではありますが、高い難易度のスキルを身に付けても日々の仕事で使用する機会が無い人も多い。

スキルを要する仕事をしている人も実はExcelなどは簡単な関数を使用していたりするものです。だから、基礎スキルは何より大事です。基礎あっての応用です。

 

2つ目のポイントはビジネスの基礎知識を習得することです。

こちらのビジネス用語の意味、分かりますでしょうか?

ステークホルダー

マイルストーン

□フィジビリ

コアコンピタンス

エスカレーション

現在は社会人4年目なので流石に分かりますが、僕も初めは全く知りませんでした。。IT業界や人材業界といった新しい業界では上記のようなビジネス用語が散らばったメールが届くことも多いです。

 

これらの意味を理解できないと1つ1つ毎回、調べなきゃならないし、意味を間違えると顧客とのトラブルにも繋がりかねません。

ビジネス用語は基礎知識の1つの項目なだけでコミュニケーションスキルやプレゼン、マナーや先見性など他にも多数あります。

 

「80:20の法則」や「人に聞く」というのは目の前の仕事のスピードを上げる秘訣ではありますが、結局のところ、

正しい判断、適当な回答が瞬時に出せることが1番仕事が速くなります。

 

その判断や回答を瞬時に導き出すためには、

やっぱり「勉強」しかないです。

 

動画を見るなり、調べるなりして受験勉強と同じようにノートに書いたり、インターネット上での仕事にまつわるリテラシーテストを受けるとか。

でも、友人たちに僕は仕事が速くなるために「机上の勉強をしている」と言うと驚かれます。

確かに仕事って実務を通じて学ぶことが多いのですが、それだと自社の業務フローや自社に関係する業界の知識とかに偏ってしまう。

 

「個」のスキルが求められる時代に変わってきたからこそ、幅広い知識やスキルを習得して会社が沈み行く泥船になった時、いつでも飛び出せる。

業界横断型のユーティリティ性が高い人材。それが僕が理想とするビジネスマン・モデルです!

 

以上で終わりにします。

明日からまた1週間、仕事だからね。

あと、蜘蛛の話が苦手な人すみませんでした。。でも導入部分が思い付かず。。

 

皆さんもお仕事ファイトです!

 

最後までお読み下さりありがとうございます。

それでは良い夢を〜_( _︶⌓︶ )_zzZ

 

 

 

 

人の上に立つ者の器と心構えを知る『もののけ姫』エボシ御前編。

こんばんは。

秋雨前線の停滞により、西日本を中心に過去最大雨量を超える大雨。皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

現在、東西日本でも激しく降っておりますので、山や川の近くにお住まいの方は土砂災害や川の氾濫のよる洪水に充分にお気をつけください。

 

大雨だったこともあり、僕のお盆休みの後半はステイホーム。

自宅で一日中、事業企画に集中していましたが、昨日は日テレの金曜ロードショーが『もののけ姫』でしたので観ておりました。

 

inno-cence.shop

前々回、『風立ちぬ』の堀越二郎を題材にしたこちらの記事を書きましたが、本日は『もののけ姫』の主要登場人物、エボシ御前に焦点を当てた内容です。

 

※今回もネタバレあります。まだ、もののけ姫を観ていない人はここで記事を閉じて下さいね。。

 

 

続けます。

 

皆さんはエボシ御前をご存知でしょうか。

昨日のTwitterでの呟きをアップしますのでその美顔を拝見して下さいm(_ _ )m

はい。こちらがエボシ御前。エボシ様です。

美人で頭がよく、聡明。でも打算的で合理主義。慕っていたが自分の目的完遂の為に谷に落ちて怪我した仲間を簡単に切り捨てる非情さもあります。

 

このエボシ御前、女性からもちょー人気キャラなんです。

僕もジブリ作品全て観ましたがエボシは間違いなくトップ5に入るぐらい好きなキャラクターです。

 

エボシ御前は迷信や占いなど不可確実な事を信じず、合理的思考、手段を講じる近代人思想の人です。

差別が無く、全ての人々が平等で公正。平和に暮らせる社会の建設を目指し、村の発展を1番に考えるあまり、サン達の犬神やシシ神の森の神様と対立します。

シシ神の森を侵略する為に武器である石火矢の原料となる製鉄工房の集落「タタラ場」のトップに君臨する女性指導者としてサン視点の物語上は黒幕です。

 

しかし、身売りされた女性達やハンセン病患者、その他のはみ出し者といった行き場のない社会的弱者を1人も差別せず、手厚く保護し、知恵を育み、仕事を与えることで普通の人と同じように生活できるよう講じる人徳溢れるリーダーなんです。

 

そして、エボシ御前には裏設定があると言われています。実はエボシは人身売買によって海外に売られた社会的弱者であり、倭寇頭目の妻になった人です。

しかし、エボシの凄いところは優れた頭脳と戦闘力で組織で統率し、出世。最後は頭目すらも殺し、その明の財産や兵器を奪って自分の故郷に戻ってきた切れ者なのです。

 

だから、タタラ場に奇襲を仕掛けたサンとエボシ御前が対峙する場面で主人公のアシタカが右腕の祟り神の呪いを見せた時、

「賢しらに僅かな不運を見せびらかすな!」と言い放つのです。

ちっぽけな不運で大袈裟に言うな。それのどこが不運だ。偉そうに口を聞くな。とエボシ御前は言うわけですね。

 

絶望の苦難を乗り越えてきた過去を持ち、社会的立場の弱い女性や病気を持つ人に優しく手を差し伸べる彼女だからこそ言える台詞です。

(T_T)姉貴かっけえす。

 

<優れたリーダー資質を持つエボシ御前>

テレビでもののけ姫が放送されるとエボシ御前は善人か悪人かのような論争もTwitterなどで見かけますが、僕はどっちでもないと思います。

 

もののけ姫はキャラの視点が変わると価値観も変わるからです。メッセージ性を理解して「森を大事にしよう」と思ってサン視点で見れば当然、エボシ御前は敵です。

 

でも日本って街の発展は進んでいますよね。事実は判らないし、間違っているかもしれませんが、それはつまり森林を伐採してトンネルを開通したり、高速道路を作ったり、新幹線を走らせ街を創ってきた。

そうした人間の視点で見ればエボシ御前は優れた統治者だと思います。

 

もののけ姫を観たら分かりますが、タタラ場の村の人の名前を1人ずつちゃんと覚えているんですよねエボシ御前。

会社にいます?そんな社員の名前1人ずつ覚えているかっこいい上司。

 

僕もテレビ画面を観ながら「エボシ御前。視野が広いな。。」と呟いてしまうほど、部下から本当の信頼を得られる理想の上司像だと思いました。

 

また、エボシ御前は大事な戦いでは自ら前線で戦ったり、サンと1対1で対峙する場面もあり、彼女が「ただ意識が高く、口だけが達者」のリーダーではなく、

強敵のサンや森の神にも怯まず、多少強引に見えるが圧巻の牽引力を持ち、行動力で部隊を統率していることが読み解けます。

 

また、ハンセン病患者には石火矢作りを。女性陣には石火矢を持たせて村の安全なところから銃撃を任せるなど、部下を信頼して仕事を任せてるんですよね。

 

そして1番、僕がエボシ御前に感心したのが、アシタカがタタラ場にやってきた夜にエボシ御前が偵察?しに来た敵を石火矢1発で追い払うシーンがあり、

そこでエボシ御前は石火矢作りを任されているハンセン病患者から銃の出来を下の階から尋ねられるのですが、

「ありがとう。上出来の石火矢だ。。でも…まだ、ちょっと重いな」と言うのです。

 

人に何かを要求する前に相手を褒める。思い返してみると作中でエボシ御前は常に部下を褒めて伸ばすスタイルを徹底しているんですよね。

(男は頼りにならない。しっかりやりな!って女性陣を鼓舞しているシーンもありますが。。)

 

流石にこのシーンだけは「エボシ御前。。絶対、グロービスの講座か組織マネジメントの本買って勉強してるだろ」って思いました。

まー、冗談は程々に。

 

そんなマネジメント強者のエボシ御前から

・視野が広く、弱い立場の人にも平等であり、公正。

・自ら前線で戦う姿を見せ部隊を牽引するリーダーシップ。

・仲間を信頼し、仕事を任せる。そして褒めて伸ばす指導法!

を観て学ぶことができたと思いますm(_ _ )mアリガタヤ、アリガタヤ

 

経営者や会社の管理職、部活のキャプテンなど人の上に立つポジションの方はエボシ御前のようなリーダーを参考にしてみても良いかもしれません。

何回も観たけど、観るたびに勉強になる名作です『もののけ姫』。大人になってみると全然、違った映画に見える。

まだ、1度も観たことない!って人はぜひ、観てみて下さいね。

(※ちょっと怖いシーンもあるので、お子さんと一緒に見ようと思っている人や血とか苦手な人は閲覧注意!)

 

以上で終わります。

来週の金曜ロードショージブリの『猫の恩返し』です。これは記事にするか分かりませんww

でもバロンはイケ猫すぎるぜ。女性はハルちゃんになったと思って観ると猫の世界も良いかも。。と思えるかも(ΦωΦ)キラーン+

 

それでは次回の記事でお会いしましょう、それでは良い夢をm(_ _ )m zzZ

 

広告界のガリバー、電通「販売戦略10訓」を読み解く。

汐留本社ビルの売却(と言っても場所は借り続けるようですが)のニュース。東京五輪の閉会式の酷評。
色々と話題になることが多い、電通
 
国内No.2の博報堂DYホールディングスの追随を許さず、「広告界のガリバー」として国内売上1位と業界をリードしてきた電通ですが、
最近はクライアント企業がSNSやネットを通じてCMの宣伝から独自の商品プロモーションに取り組むケースも増えてきて広告代理業というビジネスモデルに疑問を持つ人も昔に比べ増えてきた印象です。
 
自社で新商品をアピールできる力を持つことは非常に大切です。
広告代理店に頼って売上を上げても、結局は莫大な広告費を払っているので利益率が一向に良くならない。
 
若者のテレビ離れと最近、聞きますがYouTubeTikTokInstagramなど、これまでには無かった新たな広告掲出のスタイルも確立されてCM広告からインターネット広告に時代は随分変わってきた様に思います。
 
新商品の良さは自分たちが一番よく分かっている。そう信じて自分たちでコツコツとプロモーションに取り組むことで報われるチャンスがある。
 
サイバーエージェント時価総額電通を上回ったことを根拠に僕は広告市場は大きな転換期あると思います。
 
それでも電通広告業界の雄であり、絶対王者だったことは事実変わりはない。
 
過労死の事件、新型コロナウイルス給付金の中抜きなどヒールな印象を持つ人も多い電通ですが一体、企業や消費者にお金を落とさせる戦略とはどんなものか。
 
本日は経営者を目指す若者が電通の販売戦略を読み解きます。
 
電通には電通PRが提唱していたと言われている(電通社内で発行される資料に販売戦略の事実の裏付けるものはない様ですが・・・)「販売戦略10訓」がある。
 
それを下記に記載し、=で簡単に読み解いてみました。
 
【販売戦略10訓】
1 もっと使わせろ=予算を使わせろ。予算振り。
2 捨てさせろ=4G、石油自動車など不要になったものは捨てさせる。
3 無駄使いさせろ=味の素の蓋。あれ、穴を大きければ大量に使うよね。スマホゲームの課金。そういうこと。
4 季節を忘れさせろ=ユニクロヒートテック。冬なのに暑いよね。季節感覚を忘れさせる程の商品を作れば売れる。
5 贈り物をさせろ=バレンタイン。風潮にしてしまえってこと。
6 組み合わせで買わせろ=セットプラン、インクルーズ。まとめ買い。ヨドバシの新春生活応援の家電セット。
7 きっかけを投じろ=ガールズバーのキャッチ。迷う人間には声かけして引き込めばいい。
8 流行遅れにさせろ=今はFace IDの時代です。え、まだそちらの会社、印鑑ですか。時代遅れですね。
9 気安く買わせろ=テレビ通販。あれ買っちゃう人が多いのよくわかる。電話で買えるから。
10混乱をつくり出せ=マッチポンプ。自分で「火事」をでっち上げる愉快犯。ある意味、囲い込み商売。危機感を与え、お金を使わせる。
間違った解釈もあると思うけど、僕は上のように読み解きました。
 
これは確かに買ってしまう。
電通の販売戦略は流石だと思う。ただし、ユーザーへの誠意を1番に考える僕たちにはちょっと共感しづらい部分もある。
 
だけど、「カネに繋がる仕事をする」のがビジネスマンだから電通の販売戦略10訓ほど過激な内容である必要はないけど自分の中で販売戦略を立てて日々の仕事を全うする視点は持っていて損はないと思います。
 
転職の時なども評価されるのは実務上の成果。どれだけ売ったか、シェアを伸ばしたか数字でアピールできないと厳しい。。
その上でプロセス(成果を出すために行った創意工夫)を聞かれる構図だから。
 
電通の販売戦略10訓は過激な内容だと思うけど、国内No.1の売上を上げている広告会社で参考になる点はあると思います。
 
綺麗事は無しに収益を得る上で「戦略」を考える。
それは会社単位ではもちろんのこと、経営者、会社員、フリーランス、YouTuber、ブロガー。全ての職業で言える大事なことです。
もちろん起業を目指すなら尚更。
 
当ブログは「起業」「仕事」「キャリア」などに焦点を当ててるので登録くださる読者さんは
・開業を志す人
・経営者
・YouTuber
・ブロガーなど日々、もっと高い成果を実現する。新たな価値を生み出すには。と考えている人が多い印象です。
だから今回、この記事を書いたのは電通を題材にしただけで「誰に」「いつ」「どこで」「どんな商品(サービス、価値)を」「なぜ」「どんな手法で」提供するのか考えることが1つ大事だと思いましたので共有したかったんです。
(もちろん自分たちが忘れないためのアプトプットでもあります)
 
豊富な知識、素晴らしいアイデア、考えを持つ人が本当に多いからこそ、それをもっと世の中に広めていって社会をより豊かに素敵にできるといいな。
僕はそう思います。
その時に講じる手段として販売戦略。大事。どれだけアイデア、サービスが素敵でもその良さを上手く伝えられずに買って貰えなきゃ意味がない。
 
僕たちも電通の販売戦略を1つ材料にしつつ、他の会社の戦略や経営戦略も読み解きながら事業企画を進めていきます。
これからまた企業の戦略や会社に焦点を当てたニュースの解読もやっていきたいです。
(医療業界のこととか、就活、転職活動とかも書きたいけど)
何かリクエストあればコメントください。書ける内容だったらチャレンジします。
 
 
以上で終わります。
ぐっちゃぐちゃの文章になってしまいましたが読んでくださりありがとうございます。
また明日、更新しようと思います。
それでは良い夢をm(_ _ )m zz Z
 
 
 

仕事に情熱を持つとは。「風立ちぬ」主人公・堀越二郎編。

こんばんは。

最近、宮崎駿ジブリ作品「風立ちぬ」の主人公、堀越二郎のような丸メガネを買った朱華です。

ちなみに「風立ちぬ」ですが、今月8月27日、日本テレビ金曜ロードショーで「もののけ姫」「猫の恩返し」に続いて放送予定だそうです。

 

皆さんは「風立ちぬ」観たことありますか?大空への憧れを持ち、飛行機作りに情熱を注ぐ青年の物語です。

 

不景気による貧困と病気、大震災と生きるだけでも苦難だった1920年代の日本を舞台に飛行機が好きな青年・堀越二郎の夢に向かって生きることや友情、そしてちょーぜつ切ない夫婦愛が描かれたジブリ屈指の感慨深い作品です。

 

また、飛行機好きの二郎が人を殺める兵器であると知りつつも零戦と呼ばれる非常に優秀な戦闘機を作る悲劇とも言える作品です。

 

僕も大学生の頃に映画館で観たのですが、人の心情が複雑に描かれており、最初に観たときは理解が追いつかない難しいシーンが多かったです。。

 

今も完璧じゃないけど「風立ちぬ、本当に深いな。。」って思えるぐらいには理解できるようになりました。

 

視点を間違ったまま観ると読み解くのが難解ですが「風立ちぬ」は非常にお勧めですので、まだ観たことないって人はぜひ金ローで観てください。

 

また、こっから記事のタイトルにもある本題に入るのですが、若干ネタバレになるのでまだ「風立ちぬ」を観ていない人は今すぐ、この記事を閉じて観られてからお読みくださいm(_ _ )m

 

続けます。

 

結論から言うと僕が書きたかったのは主人公の二郎の「仕事への情熱」です。

 

二郎は小さい頃から飛行機と大空へ憧れを持つのですが、目が悪いのでパイロットではなく設計者を志し、東京帝国大学を出て三菱重工業?に入り、夢を叶えるんです。

 

作中でも呆れるほど飛行機の事ばかり考えているので見る人によっては共感し難い部分もあると思いますが、その仕事への姿勢がとても熱いんです。

 

二郎は人を殺める兵器を自身が作っているという自覚を持っているのですが、本人にとって兵器だとか、国のために、とか興味が無いのです。

 

二郎にとっての仕事とは創作であり、単純に「美しい飛行機」を作りたいという自身の目標だけに向かって突き進んでいるんです。

作中でも分かりますが、二郎は硬派✖︎仕事人間なんです。

 

その証拠にヒロイン菜穂子は結核を治すために隔離病棟へ行くのですが、二郎から届く手紙の内容も仕事の話ばかりです。

 

菜穂子は手紙を読んで隔離病棟を飛び出します。

たぶん、この時点で菜穂子は自分が長く生きられないことを理解しており、生きているうちに二郎の心の中に自分を刻み込むために病院を飛び出たんです。

 

結核が日に日に酷くなり、寝たきりの菜穂子の傍で、飛行機の設計書を広げて煙草を吸いながら二郎が仕事をしている有名なシーン。

 

菜穂子は二郎の役に立ちたいと思うような尽くすタイプの武士の妻のような女性だから最期まで二郎の仕事を見届けるのです。

 

あのシーンは2人で飛行機を作っていると読み解けるシーンだからこそ、心にグッと来るんですよね。・゜・(ノД`)・゜・。

 

寝食を忘れるぐらい仕事に打ち込み、美しい飛行機を作るために菜穂子の命までも借りて零式戦闘機を作り上げた二郎。

 

でも、結末は飛行機の残骸の光景。

つまり、敗戦です。。。

 

観る人にとっても、戦争の残虐さや努力の儚さを深く考えさせられる厳しいシーンです。

 

大空への憧れ。目標である美しい創作。飛行機作りに全てを捧げる二郎を見ると多くの社会問題を抱える日本で、

「社会の負に苦しむ人たちを助けたい」「社会を変えたい」と起業を志し、夢を見る若者の僕たちに二郎が

・夢を追う苦難

・仕事への情熱(姿勢)

・自分たちが世へ生み出すものへの責任

など困難な目標を叶える上で考えることは五万とあるということを教えてくれているように感じます。

 

僕たちは必ず経営者になる。

 

でも事業企画だ、経営ハウツーがなんだって威張らずに、僕たちは何も凄くなんかない普通の若者で。

 

でも高い志は持っていて。。。

 

応援してくださる方々に感謝を忘れず。二郎のように真っ直ぐに、ただひたすら真っ直ぐに夢を追い続けたいです。

 

 

以上で終わりにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

また次回の記事でお会いしましょう♪

それでは、おやすみなさい〜 m(_ _ )m zz Z

 

良い仕事は良いチェアから生まれる。

こんにちは。

毎日、冷製パスタを食べている朱華です。

 

暑い日が続きますね。

皆さん体調など崩されていないでしょうか?

 

平日は本業と事業企画。そして、土曜は定例ミーティング。本日、やっとブログを書く時間を確保することができました。

正直、体がバキバキですε-(´∀`; )

 

皆さんはいかがでしょう?テレワークやブログ、勉強あるいは動画編集など、長時間のパソコン作業をしていて体への負担は感じませんか?

 

僕はずっとパソコン作業していると前傾姿勢になっているからか首が痛くなったり、肩が凝ったり、眼精疲労が酷くなって頭痛になるのが悩みだったので最近、新しい椅子を2万円ほどで買いました。

 

実物はこんな感じです↓

f:id:syuka19:20210731233738j:plain

座ってみた感想は長時間座ってても疲れにくい!座り心地よし!ヘッドレストと肘掛けが動くのでナイス!って感じです。

価格以上のパフォーマンスを発揮してくれたので買って良かったです!

 

座面は柔らかく、お尻が痛くなりにくいです。また、メッシュになっているので夏の暑い日でも蒸れが気になりません。

機能としてはリクライニングと足置きが伸ばせるようになっていて仕事の休憩中にリラックスもできます。

キャスタータイプなので移動も楽です!

 

人間工学に基づいた設計がされているようで大半の体格の人にはフィットすると思います。一応、30日間の返品・返金保証があるので座ってみて合わないようなら返品も可能でお金も戻ってくるようだったので安心して購入できました。

 

前まで使用していたのは完全にインテリアチェアだったので事業企画など長時間、座ったままパソコンの前で考え事してるとむちゃくちゃ疲れるんですが、このオフィスチェアは腰や首をサポートしてくれるので全然、疲れません。

 

もっと早く買っておけば良かった。首痛いし。。整体行きたい。

 

本業でも12時間ぐらいデスクワークすることがしょっちゅうあるのですが、仕事で集中して高い生産性を維持し続けるには椅子にこだわるべきだなと思います。

 

僕の旧友であるH君は「チェアは間違いなく、いい投資」と言っていましたが、2万円で買えて速攻、ハイ・リターンのあった投資でした。間違いなかったです。

 

今回のオフィスチェア購入で間違いなく事業企画がもっとスピード感溢れるはず。チェア購入は投機ではなく、投資だったし、浪費ではなく、消費でした。

 

買ったチェアには大変、満足しているのですが実は10月〜11月頃には10万円ぐらいする椅子を購入予定です( ˘ω˘ )

今回、購入したチェアは起業する時にオフィスに持ち込もうと思っています。

 

一応、自分の体格に合いそうなチェアだと思ってはいるのですが、餅は餅屋だと思ってエルゴヒューマンやヒューマンミラーなどの高品質ワークチェアを幅広く取り扱っておられる東京都中央区日本橋にあるワークチェア専門店、「WORKA HOLIC  ワーカホリックさんにお邪魔してチェアコンシェルジュの方にチェア選びのお手伝いをお願いしたいと思っています!

 

ホームページ閲覧はこちらから。

www.iamworkaholic.jp

WORKA HOLICさんではチェアの購入だけではなく、正しい知識やフォーム、身体のメカニズムなども教えて下さるようでとても楽しみで待ち遠しいです。

他にも、

・フリー試座(座りたい椅子に座りたいだけ座れる)

・気に入ったチェアとの相性確認

・知識をインプットした後はコーヒーで頭をスッキリ

などもしていただけるようです。

 

え?待ち遠しい?ってどうゆうこと?って思った方もいらっしゃるかと思いますが、実はWORKA HOLICさん、完全予約制なんです。

それだけ多くのビジネスパーソンが成果を出すために仕事をする上でチェア選びを重視しているということです。

 

チェアやデスクは首や腰の慢性的な痛みに繋がり、体への負担は計り知れませんから、自分の骨格や身長、体重など体格に合わせた最適な1脚を選びたいです。

 

WORKA HOLICさんへの予約は済みましたので色々なワークチェアを試座させていただき、感想も後ほどスペシャルな記事にしたいと思います。

WARKA HOLICさん、当日は宜しくお願い申し上げますm(_ _ )m

 

自分にとって最適なチェアを購入することは体への負担が減ることに加えて、チェアに座る習慣が身に付くとも言います。

疲れたり、首や腰が痛くなるチェアだと座る習慣が身に付きません。

 

最適なチェアを購入して、快適な環境を整えることでデスク前に座る習慣を身に付けると、仕事や勉強、動画編集や読書なども見違える程に捗るようになると思うので、リターンが即座にあるチェアやデスクへの投資はお勧めします!

 

良い仕事は良いチェアから生まれる。

 

会社を作る上で社員のパフォーマンス向上のための福利厚生や仕事をする環境は大切にしたいというのが僕たちの想いです。

だから、起業したらお金は無いかもしれないけど、少しでも社員が気持ちよく働けるようにオフィス環境を整えていきたいです。

 

WORKA HOLICさんにお邪魔するまでの繋ぎのチェアも購入したし、また起業に向けて事業企画もっと頑張ります!

 

 

以上で終わりにします。

本日も最後までお読みいただき御礼申し上げますm(_ _ )m

また、次回の記事でお会いしましょう〜♪

 

 

 

ファジーな言葉はNG!「定量で伝える」が大事な理由

賛否両論あると思いますが、開幕しましたね!

 

東京オリンピック!!🗼🇯🇵

東京事変は「新宿は豪雨〜♪」ですが、実際の東京都はそりゃもうね、快晴続きなので会場まで行っている人も多数いるでしょう。

 

正直、全く実感が湧かないというか。。

開催までにスキャンダルが多すぎるし、コロナ禍の市況の中だったこともあり、あらゆる部分で準備不足が目立ちますよね。。

 

実際に「開催しましたー!」とか言われても、そもそも僕たち、事業企画で一日16時間ぐらい費やしているし、仕事が楽しいので五輪を見る時間を作る気が・・・沸かねえんです( ・∇・)スミマセン

 

日本人としてどうかと思うけど、東京オリンピック見る時間あったら、ブログ書きたい。。本読みたい。。


ちなみにブログは1週間のスケジュールの中に「ブログを書く時間」を入れて、出来る限り更新するように意識しています。

本日12時〜がそのブログを書く時間という訳です。

 

読者の皆さんの記事も最初から最後まで全て読んでいます。さすがに読まずにスターを付けるって誠意が足りないと思いますし、多くの人たちの感性や知恵だったりを無償で教えていただける図書館みたいな感じなのにブログ読まずにスターだけ付けて帰るのってだいぶ機会損失ですから必ず全部、読んでスターを付けています。

 

また、特に素敵な記事だったと感じたり、勉強になる記事、秀逸だなと感じる記事にはあとで読み返せるようにブックマークしています。

 

本当に読者さんも他のブロガーさんも書くの上手すぎるんだって。

 

才能溢れる文才、構成力を持つ人もいっぱいいる。文章を読めばアウトプットに手慣れているすごい人だって分かる。

毎日、更新してる人は脳の作りが賢くて、時間を作るのが上手い人だと思います。

 

僕は国語が得意だった。高校生の頃は国語の成績は常に10段階の10。模試でも国語だけ偏差値は60ぐらいを推移してた。(ちなみに他の科目は・・・公開処刑になるので控えます)

仕事も求人情報サービスという人材ビジネスの中でも1番、クリエイティブ要素が求められる業界に入った。

 

でも、ブログの世界には僕よりも執筆で広告の仕事とか編集プロダクション、出版社とかでも通用するレベルじゃね?って思う雲の上にいる方も普通にいらっしゃるので読むだけで勉強になるm(_ _ )m

 

色々な人の記事を読んで僕もこのブログに活かしたいです。見た目を綺麗に書くことも大事だけど、読みたくなる記事を書いてる人は気持ちで書いてる気がします。

 

ちなみに、ブログに関する最近の悩みはスターを付ける数です。

以前まで黄色のスターを5つぐらい付けてたのですが「迷惑かな?」と思うようになり、でも「1つじゃ寂しいよな。。」って事で、3つに減らしました。

 

記事の内容に限らず、読んだよって意味で3つ押す感じですね。特に意味はないけど。

 

あと、「96」でスターが止まっている記事を見たら、4つ押して100にしちゃうこともあります。

そっちの方が気持ち良いかなと思って( ・∇・)b!

 

 

さてさて、前置きが無茶苦茶、長くなってしまいました。。

 

実は本題はここからで、ブログを書くようになって良かったことは「時間の使い方」を改めて考えさせられるようになったことです。

 

起業の準備や本業の事でギチギチな1週間単位のスケジュールの中で「ブログを書く時間」を捻出するようになり、時間って本当に貴重だな。。と実感しました。

 

そして、僕や真太が起業の準備において「時間の使い方」にも関係し、徹底しているのが定量で伝える」ということです!

 

 

定量」とは何か、Googleさんで検索してみましたm(_ _ )m

 

定量とは、明確な数値やデータなどの「数字」で表せる要素のことです。 売上額や販売数、スタッフ数、顧客数、価格、割合、変化率などが該当します。

 

・僕たちが徹底する「定量で伝える」ルールとは。

具体例を挙げながら解説します。

僕と真太は7月17日(土)15:00〜、ミーティングを行いました。これは事前に「7月17日、15時からね」と僕から真太にリマインドを送信しています。 

実際に15:00になった瞬間に真太からビデオ通話の通知が画面に表示され、いつも通りミーティングが始まりました。

 

ですが例えばこの時間の指定が「昼過ぎ」「おやつの時間から」といった共有だったらどうでしょう?

 

僕と真太ほどの関係性でもお互いに時間の認識は違うこともあります。

日本人の皆さんは18:00〜19:00に夜ご飯を必ず食べましょうなんてルールは無い。要は、生活リズムは人それぞれということです。

 

f:id:syuka19:20210724135934j:plain

 

だから「週中の昼過ぎね」のような不透明な共有が常態化していて「何日の何時から何時間のミーティングをする」といった明確に数字で日時を共有できていない状態は危険です。

 

2人の時間の認識に相違があり、ギチギチの1週間のスケジュールの中で貴重な時間を空けたのに肝心のミーティングが出来なくなる可能性も出てきますよね((((;゚Д゚)))))))

 

仕事においても同じです。

職場でも「朝一」「週中」「なるはや」という言葉を使う人が結構いますが僕たちは、そういったファジーな言葉を使えば、

「いやお前。。定量で言えよ。何日の何時だよ?」と厳しく詰めることもあります。

 

僕たちは現在、事業企画を行なっており、収支計画書の作成などお金のこともシビアに見ながら準備をしている事もあり「定量」で伝えることは改めて日々の中でも徹底して行なっていく必要があるなと感じています。

(役割上、僕は真太以上に数字の部分は厳しく見ているので。。)

 

ビジネスマンとして「定量で伝える」意識を持っていないと上司から指摘される事もあるかもしれません。

上司の指摘ぐらいで済むなら全然マシですが、ファジーな概念はお客様とのトラブルを引き起こす要因にもなります。

 

補足「ビジネスメール」でも伝え方には注意が必要!

仕事の中では常に定量で伝えることを意識しながら、同時に考えたいのはビジネスメールなどでの使うべきではない言葉の復習です。

上部で覚えるのではなく言葉には意味があるので「なぜこう言い換えるのか」「なぜ使ってはいけないか」といった背景からインプットすることがお客様とのトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。

 

まとめ

依頼する人、依頼を受ける人の双方が同じ認識を持てるように曖昧な言葉でコミュニケーションを取るのではなく「定量」で相手にしっかり伝えましょう!

また、時間は有限です。

1秒も増やすことは出来ませんが、1秒の使い方は変えられます。

 

「時間が全然無い( ;∀;)!!!」という人は、テレビやYouTubeなどを見ている意識のない時間を少し減らしてみましょう。

意識のない時間、意識のない消費を減らして、勉強する時間を確保してみたり、本を買うお金に回してみましょう。

 

以上で終わりします。

暑い日が続きますが、水分補給して熱中症には気をつけましょう♪

それでは次回の記事でまた皆様にお会いできることを楽しみにしておりますm(_ _ )m

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

【ビジネス書紹介】moto「転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-」キャリアのかけ算で市場価値を高め、年収アップ!

 

f:id:syuka19:20210716005426j:plain

 

お金を稼ぐって大変ですよね。。

 

どうも朱華ですm(_ _ )m

先週、日曜の東京の雨、ビビりましたね。。傘突き破るレベルでした。

 

営業マンだった頃、大阪の中之島ダイビルに商談に行って見事に失注し、ビルを出た瞬間に急に暴風雨になり、傘の横から入ってくる雨でずぶ濡れになって会社まで帰った日の事を思い出しました。

 

それ以外にも満員電車に揺られて、会社ではノルマがあって、商談の練習や原稿を作る残業の毎日で当時は辛かったですね。

 

社会人1年目の頃は、

家に帰って風呂に入って➡︎ご飯を食べたら➡︎10分だけYouTubeを見て寝る。➡︎朝6時に起きて支度して仕事みたいな毎日でした。

本当に仕事and仕事の日々。

 

でも、社会人1年目を思い返すと今よりもっとガムシャラだったし、経営者と伴走して商いの面白さや苦難を知ることができ、楽しかった記憶しかありません。

 

仕事って本当に楽しい。仕事は楽しんだもん勝ち。

僕はそう思います。

 

inno-cence.shop

さて、思い出話はこれぐらいにして、本日は前回の記事でも書いた「会社員✖︎副業」のテーマに沿って、僕が実際に読んで非常に勉強になったビジネス書の紹介です!

 

令和のサラリーマンは読んでおいて損はないです。僕も社会人2年目の頃、大阪ルクアの蔦屋書店で買って、貪るように読みました。

 

「DIAMOND online」で紹介、話題沸騰!Amazon総合・ビジネスランキング1位のベストセラーにもなった話題のビジネス書。

 

人材業界出身で『次世代型サラリーマン』と呼ばれるmoto株式会社の代表取締役、motoさん著作。

『転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-』

 「転職✖︎副業」で10年で年収20倍!次世代型サラリーマンのロールモデルとなる人物、moto氏の経歴

短大卒、年収240万円の地方ホームセンターのレジ打ちからリクルートキャリア、楽天ペイメントなどへ4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐビジネスマンへ。

 

その後、副業で取り組んでいた個人ブログを事業化。年間40万人が利用する転職メディアに成長させた後、上場企業に10億円で売却。

 

本書では、年収240万円➡︎年収1000万円の転職を実現した、まさに「戦略的転職」。副業で4000万円を稼ぐメソッド、リクルート楽天などで培った「仕事術」などを惜しみなく、書かれています。

 

 

また、本書を実際に読んでみて印象的だった3つの視点を紹介します。

1、仕事に対するスタンスが大事

先日、当ブログ『僕が社長になるまで。』の記事の中でも「終身雇用は当たり前ではなくなった」と書きましたが、

現在の市況を見れば、サラリーマンとして安定した会社や安定した職業などはないと危機感を持つ人なら思うはずです。

 

明日、会社が急に倒産したら?病気や怪我で働けなくなったら?老後で必要とする貯蓄は2000万円。

現在の会社や仕事で果たして、準備できますか?

 

リクルートに入社したmoto氏は「どこでも活躍できるスキルが欲しい」と考えていましたが、当時の上司の指摘を受けて、改めてこう考えるようになります。

 

大切なのはスキルじゃない。目の前のことに一生懸命になるとか、絶対にやりきるという「考え方」や「姿勢(スタンス)」、「目線」なのだ、と。

(本書より抜粋)

 

・会社にキャリアを用意してもらう

・給料は会社に貰うもの

・学歴や資格=市場価値

 

これからの時代はこれらの考え方は捨てて、「キャリアは自分で作りにいく」「個人で稼ぐ力を身につける」といった仕事に対するスタンスを変えましょう。

 

どこに行っても活躍できる人材は、過去の仕事の経歴や資格や学歴があるから活躍しているのではなく「仕事に対するスタンス」が違います。

 

下記、moto氏のTweetも是非、参考にしてみてください。

 

本書でも「会社というのは自分が何かを学ぶためにある場所ではなく、お金を生み出し、世の中をよくするための組織であり、どこでも活躍できる人とは組織を成長させられる人。それこそが市場価値が高い人」と書かれています。

 

2、「成果」に繋がる働き方を考える 

印象的だったのが、moto氏が地方ホームセンターに勤務していた時の話です。

新卒ながら、

「店長になりたいから経営会議に出たい」

「お店の数字を見せてほしい」

と周囲に意思表明をし続けたり、社内政治を気にせず、部長に「そのデータの取り方、違うと思います」など雰囲気を無視した発言をして空気を凍らせていたそうです。

 

初めはバカにされたりするものの、自分の意見によって店の売上が上がり、徐々に周囲の人の見る目が変わっていったそうです。

 

そして、1年が過ぎた頃には同期に圧倒的な差をつけて多くの知識や経験を得て仕事ができる人になっていたと書かれていました。

 

moto氏は、この地方ホームセンターでの経験を改めて振り返ってみると、 

 

機会を待つのではなく、機会を取りに行き、その機会に全力を尽くしたことが自分の経験値や成果に繋がった。

(本書より抜粋)

 

と語っています。この言葉はとても響きましたね( ;∀;)

 

moto氏は、他にもこの章で

・企業を成長させる視点

・未経験でも「挑戦する姿勢」を持つ

・経営者目線を「自分」に当てはめる

など、仕事で成果を出すためのメソッドとスタンス(考え方)を自分の経験談も踏まえて分かりやすい文章で書いてくださっています。

 

3、行動を起こさないことこそ、最大の失敗

最後に本書を読んでいて最も大切な視点だと思ったのが「行動すること」です。本業でも副業でも転職でもアクションを何かしら起こさなければ何も始まりません。

 

スピリチュアルなことを言うのは柄でもない現実主義者の僕ですが、これは事実あると思っています。

 

アクションを起こせば自分の知らないところでアルゴリズムが変わり、成果を収めたり、夢を叶えたり、運命の人と出会えたりするきっかけになるかもしれません。

 

僕が社会人1年目、広告代理店に勤務していた時も社長が確か同じようなことを言っていた気がします。

 

行動することで周囲の反応が変わり、変わらない日々も少しずつ変わり、行動を積み重ねることで1年後、あるいは3年後、はたまた5年後には自分が想像もしていなかったところまで行ける可能性があるのです。

 

moto氏は行動(アクション)を起こし続けて、「令和の圧倒的ロジカル・サラリーマン」として名を馳せるまでに成功を収められています。

実際に年収240万円➡︎年収5000万円まで上げたり、名の知れた大手企業への転職や役職への抜擢、個人メディアを事業化、そして10億円で売却といった成果も定量で出されています。

 

僕も真太も起業を目指す上で「とにかくやってみる」が大事だと考えています。なぜなら、行動する人よりも行動しない人の方が圧倒的に多いからです。

 

僕たちが優秀な人たちに勝る方法は一つだけだとわかっています。

それは「行動すること」です。

 

まとめ

本書では、

・ファーストキャリアに年収240万円の地方ホームセンターを選んだ理由

・ホームセンターやリクルートから学んだ「成果」に繋がる働き方

・4度の転職で年収を上げ続けた「転職術」

・本業を活かして稼ぐ「サラリーマンの副業」

・生涯年収を最大化する生き方

 

など、明日から使える仕事術や転職時に参考にしたい年収交渉術や求人の選定、職務経歴書の書き方なども詳細に書かれています。

 

年収240万円の地方ホームセンターからキャリアをスタートさせているmoto氏が年収5000万円を稼ぐまでに培ってきた知見が散りばめられている本書だからこそ、

 

・キャリアに迷っている人

・仕事で悩んでいる人

ぜひ手に取ってもらいたい、お勧めの一冊となっております!

また、転職、副業に興味がない人も本業のお仕事で活かせる小技や仕事術も載っていたのでぜひ読んでみてください!

 

それでは、本日はここまで♪

今後もビジネス書の紹介はちょくちょく挙げていきますので、一緒に仕事を「楽しんだもん勝ち」にしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _ )m

次回の記事でお会いしましょう。

ではでは〜♪

 

 

 

自分で働き方をコントロールする。理想は「会社員✖︎副業」

僕は2年間ほど広告ブローカー(広告代理店)に勤務していました。

 

当時の会社の休日や勤務時間はこんな感じ。

・年間休日数:125日

・残業時間:平均50〜60時間ぐらい?

・フレックスタイム:なし

・有給休暇:消費日数0日

 

自分の会社を評価する時、社員同士の人間関係や社風などのウェイトが高いと思うのですが、僕は上司が好きだったし、社員の皆さん本当に優しく良くしてもらっていたのでブラック企業とは言わないかなと思います。

 

有給休暇に関しては2年間在籍する中で1日も取得できませんでしたが。。( ;∀;)

 

ベンチャーと中小企業の間に入るような会社だったのでフレックスタイムやテレワークなどは無かったのですが、営業だった自分は外回りの時は仕事の仕方も自由でした。

 

・DOUTORで同期と一緒にご飯食べたり

・商談の間でジュンク堂に行ってビジネス書読んだり

・公園で猫と遊んだり

 

楽しかったですね♪⬅︎ちゃんと、仕事しろ!!( T_T)\(^-^ )

2年目以降はポンコツ営業マンながら、仕事にも慣れてきてノルマもクリアできることが増え、売上も地道に上がっていってました。

 

 

でも僕には仕事における1つの目標があった。

 

 

それは「働き方を自分でコントロールしたい」ということ。

 

 

夜遅くまで働くのが美学は本当にオワコン文化だと思います。

働きたいときは一生懸命、働く。そうじゃないときは定時で帰ったり、在宅で働いたり、あるいは仕事をしないという選択が取れる。

 

でも社会人の大半の人は会社に働き方を左右され続ける人生。。。

全然、楽しそうじゃなかった。

 

それに多くの会社は沢山働くか、働かないかのどっちかに振り過ぎている気がします。近年の働き方改革は残業を減らすことを目的にしている印象だけど、果たしてそれが適切な「働き方改革」なのかな?

 

僕は残業し過ぎて忠告を受けることがあるのですが、僕は「働くときは働く」「早く帰りたいときは早く帰る」というコックピットで飛行機を操縦するパイロットのように自分の中で自分の「働き方をコントロールしたい」のです。

f:id:syuka19:20210711132947j:plain

効率を求めると言うけれど、効率を求めている人の働き方は横着だったりする。世の中の優れた経営者は皆若い時からハードワークだった人が多い。

別に過重労働を推奨している訳ではなく、早く帰る時は帰ろうと思う。

 

でも、仕事を頑張りたい人、頑張らなきゃいけない理由がある人もいる。

僕や真太もその1人です。

仕事を頑張る事、仕事に情熱を捧げる事を斜めに構えてブラック人材のような扱いをして否定するのは違うんじゃないか。

 

ハードワーク文化も残業しないのがいいという文化も、全然しっくりこないです。

 

お客様、仲間、社会のためにハードに働くのも素敵、家族のために自分の時間を大事するために残業しないのも素敵。

 

僕は会社の文化、周囲の人、世の中の流れではなく、自分の意志で「働き方をコントロールする」ことが大事だと思いますし、そういうビジネスマンが一流だと感じます。

 

昨日、真太とミーティングをしていた中で真太から起業のことは置いておいて、5年後どうなっていたい?と聞かれました。

 

真太は「5年後は子どもがいるかな」と言っていました。真太は色男で彼女もいるので、真太の願う未来や彼女のこと、子ども達の幸せを叶えるためにも起業した会社を上手く軌道に乗せねばと思いました。

 

僕は「会社に依存しない働き方をしていたい」と答えました。真太も「わかる。僕も同じで個人で仕事をしたい」と言っていました。

 

時代も、働き方も変わった。

 

高度経済成長期の日本はすごかった。夫婦の片方だけの収入で普通の暮らしができている。

僕たちの世代ぐらいから「ダブルインカム」という言葉が流行り、圧倒的に共働きが増え、社会の当たり前になった。

副業、パラレルワークなどの言葉も近年、注目されるようになりました。今の日本は明らかに貧乏で、これからもその一途を辿る。

トヨタ自動車豊田章男社長も「終身雇用の保証はない」と言っておられました。人材業界に在籍する身から言っても退職金制度のない会社、制度を廃止する会社が増えていると思います。

年金も薄い額しか貰えないかもしれません。

 

だから、自分の働き方や稼ぎ方を向き合い、考えよう。そんな危機感に駆られて、昨日の朝に僕から真太に下記を共有しました。

 

仕事には二つの稼ぎ方が存在する。
1つ目はフロー型。
通称:ワン・ショットとも呼んだりする。
これは会社員。バイトなど。
時間を切り売りして時給や月給で稼ぐスタイル。
特徴は
・短期で収益が手に入る
・人生の資産である「時間」を切り売りしている。
とにかく毎日、出社して9:00〜18:00、残業でそれ以上という
会社員もこのフロー型。
早く稼ぎたいなら断然こっち。メリットは即収入につながるところ。
 
デメリットは手を動かし、時間を切り売りしてお金に換えるから
自分の身を拘束される。
労働人口の90%以上がこの稼ぎ方。
 

 

2つ目はストック型。
これは権利収入。アフィリエイト広告。サブスク。YouTubeなど。
普通に業界で言えば、
・不動産業
・人材派遣などはストックビジネスだけど、
稼ぎ方でストック型を構築できている人は1%ぐらい。
特徴は、
・寝てても収益が発生する(資産を持ち、運用することでお金を得る)
・収益の波が少なく、努力次第で右肩に推移していく。
・でも仕組みを構築するのが大変。。

 

たぶん、間違って認識していることもあるかと思いますが、世間知らずの若者なので大目に見てくださいm(_ _ )m

昼間はフロー型:会社員をする。夜はストック型:副業に挑戦する。これが今のところ、僕が理想とする働き方です。

 

「会社員✖︎副業」

今の時代はこれだと思います。

フロー型でもストック型でも自分にあった形でストレスが少なく続けられるのであればひとまずOKだと思います。

読者さんの中にも不動産投資や株、YouTubeなどをされている方も多いです。

 

当ブログ『僕が社長になるまで。』も起業や医療業界のこと以外に、皆さんのお役に立てるようなビジネスコンテンツをガンガン発信していきます!!

 

最後に、副業のことも書いたので人材業界に在籍する僕の視点や経験談を踏まえたちょっと流行りの面白い副業を最後にちょびっとだけ紹介します。

 

お持ちのスキルや知見を 生かして稼ぐ!(スキルや特技がなくてももちろんOK!)

ココナラです!! 

ココナラとは、自分の得意なことが出品できるまさにスキル、知見のマーケット!
 
・イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK!
・会員数190万人、出品サービス数40万件(2020年11月末時点)!!
・出品は無料!!!
・すでに190万人のユーザーがいるため、イチから集客する必要はありません!
 
ココナラの報酬までの流れ
お客さんの依頼を受け、出品者であるあなたは
・似顔絵を描いたり
・お悩み相談に乗ってあげたり
・歌詞を作ったり
・WEBサイトを作ったり
・メイクの仕方を教えたり などなど
サービスや物を納品することでお金を受け取れます。
 
ちなみに僕もココナラの出品者だった時もありますし、購入者でもありました。
 
求人メディア営業の時に法人のお客様からホームページの作成依頼を受けてココナラのクリエイターさんに依頼しました。
2万円ぐらいで業者も顔負けのHPを作ってくださりました( ;∀;)
 
ココナラ出品ユーザーはどんな人?
・スキマ時間に副業したい、スキルアップのために経験の場が欲しい方
→自分の得意を活かして誰かの役に立つお小遣い稼ぎをしたい方におすすめ
 
フリーランスで稼ぎたい、副業でガッツリ稼ぎたい方
→本格的なサービス、大掛かりなプロジェクトの出品も可能。 ココナラだけで生計を立てている方も多数いらっしゃいます!

 

・その道のプロの方
→プロとして活躍されている方が、 マージンを挟まない個人対個人のやりとりが出来る場所としてココナラを選ぶケースが増えているそうです。

 

時間に制限があり、会社員として働くことが難しいママさんなども内職とは違い、バッチリ稼げるチャンスがあるお勧めの副業です。

 

本当に小さなこと。例えば、人の悩みを聞いてあげるとか、早起きのコツとか何でも販売できるってスゴイですよね!

画期的なサービスだし、副業解禁の時代にもマッチングしていますね。

 

是非、皆さんもお持ちのスキルや知見を 生かして稼いでみてください!

僕も起業に向けて精進して参りますm(_ _ )m

 

登録は簡単!3ステップのみ!

ココナラへの無料登録はこちらから!

 

本日はここまで!

また次回の記事でお会いしましょう♪ではでは〜♪

読者さん50人突破!ブログ運営報告!PROへ移行しました。

2021年、上半期終了。

読者の皆様、またブロガーの皆様、株式会社はてなの皆様、お疲れさまっした!

乾杯!d( ̄  ̄)

 

いやー、眼精疲労でしんどいけど。。楽しいね♪

何が?って?

 

そうそう、ブログ書くの。そして、起業のこと。

 

時には凹むし、時にはテンションあがるし、紆余曲折の日々ですが寝る時間も削ってバキバキに進めています。

 

前回、ブログを振り返ったのはゴールデンウィーク明けの5月9日。

 

そこから2ヶ月が経ち、2021年が下半期に突入しましたので、今夜は当ブログ、『僕が社長になるまで。』の運営報告いたします。

 

堅苦しく書く気分ではないので、ビュンビュン書いていきます!

 

パソコン画面の向こう側の皆さん、かっぱえびせんでもつまんで、お酒でも飲みながら是非、読んでやってくださいm(_ _ )m

 

それでは♪始まり、始まり〜♪

 

 

 

 

前回の振り返りはこちらの記事🔻

inno-cence.shop

 

数字で見る前回の振り返り

ブログ更新日:2021年5月9日

読者さん:登録20人

アクセス:1ヶ月のアクセス数が100を奇跡的に超える(2021年4月)

 

うーん。。しょぼいね。

 

ちなみに5月のアクセス数はこんな感じ。

f:id:syuka19:20210509152408j:plain

5月5日、何があったんだよ。。((((;゚Д゚)))))))

 

はい!過去のことは長く語らなくていい。悲しくなるだけさ。

 

大事なことは現在(イマ)に向き合うこと。今日の自分に勝つヒントは今日の自分の中にしかないんだ!⬅︎おっ、なんだ急に( ・∇・)

 

 

それでは、今月の進捗を見ていきましょう!

◎アクセス数

f:id:syuka19:20210705232413p:plain

いや、シンプルにショボ。。((((;゚Д゚)))))))

 

でも、確か6月は月間のアクセス数が500近くなってたんだよな。。急速に増えててマジで焦った。

本当に足を運んでくれている人には感謝しかないです(泣)

 

でも何回、見ても高鬼※1できそうなグラフだな。

 

※1

解説しよう。高鬼とは通常の鬼ごっこのルールに、高いところにいる間は鬼に捕まらないというルールを追加した遊びのことである。

 

◎投稿数

6月の投稿数は4でした。どしたー。

ちなみにブログ開設から7月、現在までで投稿数は44になります。

 

4月が8投稿、5月が7投稿。だいぶ、失速してますね。。

 

ちなみに本業(人材業界)の残業時間は、4月が53時間、5月が30時間ぐらいです。

 

普通に時間あるじゃねえかよ。。

もっとブログ頑張ろう( ;∀;)

 

◎読者数

上にも書いた通り、5月9日時点で登録20人。

 

現在は、な、な、なんと!

50名の方に読者登録して頂いております!

 

2ヶ月間で+30名!

皆さんのことが好きです。(唐突な告白)

 

ありがとうございます!!

この場を借りて厚く御礼申し上げますm(_ _ )m

 

6月、7月のブログ運営上の取り組み

◎記事内容の変化

相変わらず起業メインです。でも最近は仕事術というのか、経営者の特徴だったり、Amazonの会議の話だったり書いてみたり。

仕事や会社にまつわるビジネスコンテンツの記事が多いですね。

 

7月は医療業界や医療系のベンチャー企業の事も書いていきたいです。

 

ちなみに、当ブログ『僕が社長になるまで。』のコンセプト?というのか分からないけど、実は決まったんですよね。 

このブログは、医療ITベンチャーの設立を目指す2人の若者の起業までの軌跡を綴った現在進行形ブログです。

 

読者の皆さんの応援を背に僕たちは起業へ歩みを進めていく。僕たちも読者の皆さんの志や目標を応援する。

 

僕も真太も当ブログを通じて、

「皆様とともに成長していきたい。」

 

という、想いを込めながらガタガタで下手くそな文章でも一生懸命、書いています。

起業するまで本当に長い付き合いになるかと思いますが、ぜひ1人でも多くの人に読んでもらえたら嬉しいです。

 

はてなブログPROへ移行

ずっと無料版だったのですが、有料版のはてなブログPROへ移行しました。理由は、「PROにしたら何か変わるのか?」と思ったからです。

ブログ素人なので何も把握しておらず、PRO化する=プロブロガーなのだとずっと思っていました。

でも、有料版にする事で見えてくるメリットもあることに気づきました。

 

それは、有料にした分、必死に書こうと思えること。

実際、PRO化した実感値として今のところメリットはこの1つぐらいかな( ・∇・)

他にもあったら、追記するか、別記事にしますね!

 

Twitterもやってます。

実は細々とTwitterもやってます。 これからSNSにも力を入れていこうと思っています。

読者さん、経営者の先輩方、医療従事者の皆様。

誰でもウェルカムです!

 

というより、

ぜひフォローお願いします!!m(_ _ )m

 

今後の話

◎起業に向けて

事業企画書の提出(市場の動向、獲得予想シェア、価格戦略や販促、利益計画並びにその根拠の説明など)にも追われる中、サイト構築の事や来年7月までに掲げた新たな目標に向け、猛烈に突き進みます。

 

僕も真太もお互いのタスクを計画から逆算した日別進捗などで非常にシビアに見ているので進捗が悪いとメンタル的にも追い込まれ、凹むことはあります。

 

真太はクリエイティブ側なのでサイト構築のことや他の事業プランの事で胃がキリキリと痛んでいることでしょう。

そこに僕から「次回のミーティングまでに必ず確認しとけよ」と言わんばかりに毎日、送られてくる経営理論や日本経済、ビジネス関係のニュース、情報共有の嵐。

 

「ぶん回すのが得意。」と、笑顔で語るパワープレイの僕。「簡単に言ってくれる。」と澄ました顔で丁寧に仕事を遂行する真太。

タイプの違う2人だからこそ、ベクトルが合うってもんよ( ・∇・)

 

 

でも、ごめんよ。ぶん回しすぎたかも。。

 

家族、友達、読者の皆様、他にもたくさん。そして何より真太の支えがあってこそ、起業を目指せるんだよね。

もっと、周りの人たちを大切にしないとですねm(_ _ )m

 

周囲の人たちの理解や応援への感謝を忘れず、起業までの道のりは、まだまだ果てしないですが諦めの悪さで乗り越えていきます!

 

◎最後に

本日も起業に向かって歩みを止めずに来れているのは、読者の皆様からいただくブログへのいいね、コメント、ブックマーク、Twitterのフォローがモチベーションに繋がり、新しいことへ挑戦する勇気を与えてくださっているからです。

厚く御礼申し上げます。

 

また、はてなブログという規律正しく、安心できる情報発信の場を作ってくださっている株式会社はてな様に心より感謝申し上げます。

 

僕たちのサービスバリューズ。それは、医療業界のICT化というラスト・ワンマイルを近づける存在になること。

これからも若者2人の挑戦を温かい目で見守って頂けますと幸いですm(_ _ )m

 

引き続きどうぞ僕たちとこのブログを宜しくお願い申し上げます。

 

朱華・真太

 

 

優れた経営者に共通する5つの特徴

営業マンだった頃、僕は年間100人以上の経営者と会っていました。

 

本当にレベルが違うと思った経営者にも何人かお会いしてきたのですが、その中でも突出して優秀だと思った経営者には5つの共通点がありました。

 

本日はその共通点を1つずつ解説していきます。

 

1つ目の特徴:決断が早い

優れた経営者は一切迷いません。僕が求人メディアの営業マンだった頃、優れた経営者は商品を提案した時、「よし。掲載する」「いや絶対、買わない」の決断を秒でする事が多かった印象があります。

経営者は常日頃から決断の連続です。また、その決断1つ1つの責任が重いです。それに加えて優れた経営者は多くの営業マンから様々な商材の営業を受けています。

忙しい日々の中で「うーん、1週間だけ考えてみます」なんて言ってる暇は無いようです。

本当に一瞬でYESかNOか出ます。

日常的に決断の嵐なので感性や直感が研ぎ澄まされているのでしょう。僕のような三流ビジネスマンが持ちかける営業など秒殺です。

 

2つ目の特徴:頭が良い

これは学歴が高いとか、勉強ができるとかの話ではないです。そもそも勉強ができるのと、仕事ができることは全く関係ないと思います。勉強は勉強、仕事は仕事です。

 

日本で最も多く起業家を輩出しているであろう、人材業界最大手のリクルート中途採用の基準に学歴フィルターは無いです。

リクルートは学歴が高い人や資格がある人が欲しいのではなく、実務で仕事ができる人が欲しいのです。

 

ここで言う「頭が良い」はビジネスにおける第6感だと思います。これは上記で挙げた瞬間的な判断力に加えて、物事の本質を正確に捉える力です。

サービス開発者すら気づいていないような商品の隠れたデメリットを簡単に指摘する、本当に一般人とは見ている世界が違う経営者が稀にいます。

 

3つ目の特徴:思考力がある

自問自答する習慣が付いている経営者は思考力が高い印象です。

思考力を測る質問の例を挙げると2020年、爆発的にタピオカが流行りましたが、なぜ流行ったか分かりますか。

あくまでタピオカは例ですが経営者はビジネス視点で、それがなぜ流行ったのかロジカルに話せる能力を持っています。

優れた経営者は答えがない物事の時でも自分の中にある正解を捻り出せます。答えがないので正解か不正解かは分かりませんが、プロフィット・ゾーン、SWOT分析を整理するときなどにもこの思考力が求められます。

 

逆に思考力がない人の特徴は「答えをすぐに求めたがる人」と「勉強脳の人」です。

 

答えをすぐに求めたがる人は自分で物事を考える力がシンプルに不足しています。これは素直とは呼びません。自分で考えることを放棄しているだけになります。

 

また、経営は他社の参入や市況の変化など、予想だにしていない事象が小さなことを含めて毎日、起きます。

ビジネスや起業は数学みたいに方程式通り計算すれば答えが出るような世界ではないです。

優れた経営者は語ります。勉強脳≠仕事脳だと。

 

4つ目の特徴:約束は絶対に守る

はい、出ました。これは本ツツツ当に共通しています。僕が「すごい。。レベチ過ぎる」と思った経営者はドタキャン、遅刻、リスケなどが全く無かったです。

 

逆に「うわ。。微妙だな」と思った経営者は日を間違えただの、渋滞してただのと言って平気で1時間も2時間も待たせます。

酷い時は約束の日を迎えても連絡を一切、寄越さず音信不通になる経営者も。論外です。優れた経営者ではないどころか、そもそもビジネスマンとして終わっています。

 

経営者は分単位で仕事をしている人も多いので、無駄な時間がかかる上に他の予定にも影響が及ぶ為、スケジュールを変更することはよっぽどでは無い限り、普通は嫌がります。

 

優れた経営者は相手が誰で会っても、自分がどれだけ忙しくても約束は必ず守ったほうが得をすると知っています。時間は生み出せないが、空けれるという考え方も共通しています。

また、余談ですが年収が高い人も同じ特徴があります。

 

5つ目の特徴:自責

「それ、他責じゃね?」が口癖の僕、真太。昔の記事でも書いたと思いますが、僕たちは起業に向けた活動の中で非常に自責を大事にしています。

 

会社員は失敗しても上司から怒られるだけです。ですが、経営者は会社のトップです。誰も自分の代わりに謝ってくれる人はいません。

また、自社の従業員がポカをやらかせば、会社を代表して謝罪をすることもあります。

経営者は会社経営も仕事上のトラブルも誰の責任にもできません。全て自分が悪かったと受け止められて反省できる人間でなければ務まりません。

僕が知る優れた経営者の方々は自責が身についている印象です。

 

思い出を語ります。介護施設を運営する企業で施設長に施設の運営を全て任せている経営者がいました。ある日、施設でトラブルが発覚し、事業停止になる事件が起きました。

経営者は「施設長に任せていたから自分は知りません」と言いました。とても残念な経営者です。

現場に血が通っていないからトラブルが発生するのです。優れた経営者は自分の目で現場を確かめる事を面倒がらずに徹底して行い、助言します。

 

以上、5つの特徴でした。

他にも謙虚、ハードワーカーなど共通点がありますが、また別の機会に語ります。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

経営の勉強をするので、この辺で終わりします。

また、次の記事でお会いしましょう♪